ひな祭り

雛人形は嫁に行ったらどうする?捨てる以外に譲渡もアリ!

投稿日:2017年11月18日 更新日:

雛人形は嫁に行ったらどうする?捨てる以外に譲渡もアリ!

ひな祭りといえば雛人形。
雛人形は親が娘の健康と幸せを願って飾ります。

そんな雛人形ですが、
娘が結婚したときはどうしているものでしょうか?

実家に置いたままという方もいれば、
嫁ぎ先に持っていくという方もいます。

ですが新居が必ずしも
雛人形を飾ったり保管できるような広さがあるとは限りませんよね。

そんなとき雛人形をどうしようか
頭を悩ませる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は結婚後に雛人形をどうするのか、
いくつかの方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

雛人形は嫁に行ったらどうしてる?

ひな祭りのような民間伝承は明確な取り決めがなく、正解はありません。
時代や地域、家族によってそれぞれ異なってきます。

一族や家庭でどうするか定まっているのであれば、
それに沿う方が良いでしょう。

特に決まりがない家庭で雛人形を飾るのを止めるのは

  • 成人したら
  • 結婚したら
  • 厄年(33歳)を迎えたら

この3つが多くなっています。
もちろんこの3つ以外の理由や、止めない方もいます。

 

成人したらやめる

雛人形は親が娘に対して「健康祈願・厄払い」の意味合いで置くものなので、
結婚とは何の関係もなく、結婚したからどうするというものではありません。

むしろ雛人形は子供の成長を見守る役目が強いので、
どちらかといえば「成人したから飾るのを止める」という方が多いです。

 

結婚したらやめる

雛人形は親が子の幸せを願うものでもあるので
子供が「幸せな結婚ができるまでのお守り」としてみれば、
結婚によって雛人形は役目を果たしたとも言え、
これを区切りに止める方もいます。

 

厄年を迎えたらやめる

子供の幸せを願って、せめて33歳の厄年を無事過ごせるまで
と雛人形を飾る親もいます。
上二つに比べればこのタイプは少なめですね。

 

ご家庭などで特にルールなどがないのであれば、
結婚しても変わらず飾り続けられるのが一番いいでしょう。

ですが、保管場所などの都合からどうしてもできない場合
譲渡や寄付、人形供養に出すのも仕方ないと言えます。

では結婚後に雛人形を飾るのを止めた後、どうしているかといえば、

  • 全廃棄
  • 一部廃棄(残りは季節飾りとして利用)
  • 供養
  • 寄付・譲渡
  • 売却

大体この5通りが多いです。

 

雛人形を捨てる?

幼い頃から雛人形を飾っていればそれだけ思い出もたくさんあるので、
役目を果たしたからハイ終わり、と捨てるのも寂しいですよね。

なのでお内裏様とお雛様の一対だけを残して
雛壇など残ったものだけを処分する方もいらっしゃいます。

また、業者に依頼してコンパクトにリメイクしてもらい、
季節飾りとして自由にアレンジ
して飾ることもできます。

ちなみに雛人形をそのままゴミとして廃棄する場合は、
廃棄前にお祓いするか、塩で清める方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

雛人形を譲渡するのもアリ!

雛人形の処分方法の一つに、譲渡もあります。

また、雛人形を自分のところに残さなくてもいいけれど
処分するのに気が引ける、と抵抗感があるようなら、
福祉施設に寄付するのも一つの手です。

実際、雛人形を寄付された福祉施設を見たことがあります。

雛人形は子供の成長を見守るもので、役目を終えたらただの人形です。
持っていた雛人形を譲ることで縁起の悪いことが起きないか心配でしょうが、
不安に思わなくても大丈夫です。

心配なら念のためお祓いを受けておくと良いでしょう。

人形は保存状態によって何十年前から使っていても綺麗だったり、
わずかな回数しか使っていないのにカビでボロボロになったりもします。

保存状態が良ければ貰い手も見つかるでしょう。
ただ、よほどプレミアムな物でもない限り、売却は難しいです。

 

他にも生まれてきた子供のおもちゃにしているなんてケースもあります。
そのまま捨てる前に、他に再活用できることはないか考えてみてくださいね。

 

結婚後の雛人形まとめ

結婚後に雛人形をどうするかは悩まされる方も多い問題です。
思い出の詰まった雛人形をそのまま捨てるのはもったいないと思います。

収納スペースの都合などから雛人形を全部残すのは難しくても、
メインのお内裏様とお雛様だけを残したり、
一部だけリメイクして残るなど、方法はたくさんありますので、
色々考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

-ひな祭り
-, ,

おすすめ記事と広告

関連記事

雛人形はどっちの親が買う?初節句ではいつ買うのか 相場は?

雛人形はどっちの親が買う?初節句ではいつ買うのか 相場は?

娘が生まれて初めて迎える3月。 我が子にとっては初めての初節句「ひな祭り」です。 楽しみにする一方で、 雛人形をどうするか思い悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。 代々受け継いでいる雛人形があれ …

雛人形は後ろ向きに置く?片付けのタイミングは大安じゃなきゃダメ?

雛人形は後ろ向きに置く?片付けのタイミングは大安じゃなきゃダメ?

雛人形はひな祭りが終わったら早く片付けないと 「嫁に行けなくなる」 なんてことを耳にしますよね。 それ以外にも、 「早く片付けられないならひとまず後ろ向きに置く」 ということも言われています。 なぜ後 …

初節句の食事会で進行の流れと挨拶をどうするか 一例をご紹介!

初節句の食事会で進行の流れと挨拶をどうするか 一例をご紹介!

お子さんが初節句を迎えるにあたって、 お食事会をすることにしたものの、 具体的にどんな流れで進行していけばいいんだろう? とお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。   初めて …

雛人形のお内裏様とお雛様の意味って?左右どっちが正しい?登場人物は?

雛人形のお内裏様とお雛様の意味って?左右どっちが正しい?登場人物は?

かつては女性の嫁入り道具の一つ、とも言われた「雛人形」。 過去をさかのぼれば、 元々女性の厄払いとして行われていた行事です。 それがなぜ現在のように男女一対で飾るようになったのか、 なんだか不思議です …

雛人形をどこに飾る?置き場所に玄関は?飾り方で方位は気にするべき?

雛人形をどこに飾る?置き場所に玄関は?飾り方で方位は気にするべき?

初めて雛人形を飾るとき、 家のどこに飾るかで頭を悩ます方もいらっしゃるのではないでしょうか。 あらかじめ場所を決めてから雛人形を買ったならともかく、 お祝いとして両親や義両親から贈られた雛人形だったり …

スポンサーリンク

スポンサードリンク



検索

ご訪問ありがとうございます。
管理人の鳥海です。

このブログは日常の中で気になったこと
疑問に思ったこと等を記事にしています

お役に立ちましたら幸いです。