【ヘルシオ ホットクックは後悔するか】使わなくなった人やいらないと買うのをやめた人の理由!保温で腐るのかデメリットを解説!現在の価格推移はどうか




ヘルシオホットクックは

シャープから発売されている電気無水鍋です。

 

時間がかかる煮込み料理も

材料を切ってボタンを押すだけで調理することができるので

忙しいママには嬉しいアイテムです。

 

また野菜の水分だけで煮込むので

野菜本来の味が凝縮され甘みが増し美味しく調理が出来ると評判です。

またこれがあると今まで難しそうで挑戦できなかった料理も

あっという間に作ることが出来るので

料理のレパートリーが増えて食卓が明るくなると好評です。

 

しかしヘルシオホットクックには

良い口コミだけでなく買って後悔したなど悪い話も耳にします。

その内容は大きく分けて次のようなものが多いです。

・サイズ選びに失敗した
・使いこなせない
・美味しく作れない
・付属のレシピが美味しくない

今回は実際に購入した人が使わなくなった理由や

後悔した理由などデメリットを中心に説明していこうと思います。

 

スポンサーリンク

ヘルシオホットクックは後悔するのか

ヘルシオホットクックを手にして後悔したという声をまとめました。

どれもあるあるなので参考にしてみてくださいね。

サイズ選びに失敗した

ホットクックにはサイズがありますが

小さいホットクックを選んだ人からは

作れる量が少なくて結局使わなくなったという声が聞かれます。

家族の人数や作る量を考えてサイズは選んだ方が良いですが

日常的に使用するだけでなくおうちでパーティーをした時などにも

使用することもありますよね。

そういった大人数で食卓を囲むときなどにも対応できるように

思っているよりワンサイズ大きいものを買うことをおすすめします。

使いこなせない

ホットクックは内蔵されているメニューだけでも

実に130種類以上あります。

 

しかし実際作るのは

その中の何種類かに限られてしまうものです。

そうするといまいち使いこなせていない感じがしてしまうようです。

 

更には今まで作っていたやり方の方が

慣れていて楽だと感じてしまう方も多いようです。

美味しく作れない

ホットクックで作ると美味しく作れないという声も聞かれます。

ホットクックは混ぜ棒がついていて

いろんな調理をすることができるのですが

ホットクックは炒め料理が上手に出来ないことがしばしばです。

 

炒め料理を作ったときに水分が残って

べちゃっとなってしまうことが原因のようです。

 

上手にできない理由は

ホットクックの蓋を閉めて調理をしてしまうからです。

しかしフライパンのように

蓋を閉めて炒めるということがホットクックではできません。

付属のレシピが美味しくない

ホットクックは自動で調理してくれる家電なので

自分で時間をかけて作るよりは

どうしても味が劣ってしまいます。

 

特に一番多かった声は

野菜をゆでる自動メニューを使ったときです。

野菜が柔らかくなりすぎて

とても美味しくないと酷評です。

 

そういった時は手動でゆで時間を設定すると解決されるようですが

手動にするだけで少し手間を感じてしまいますよね。

 

ホットクックを使わなくなった人や使うのをやめた人の理由

実際にホットクックを使用してみて

使わなくなった人や使うのをやめた人は

どのような理由があったのでしょうか。

時短にならない

よく時短になると紹介されがちなホットクックですが

正確には時短ではなく

放っておいて調理ができる家電です。

 

残念ながら調理時間は圧力鍋に比べると長いです。

しかし材料を下準備してホットクックに入れれば

あとは自動で調理してくれるので

その間キッチンから離れることが出来るのです。

 

鍋に火をかけていたらこんなことはできないですよね。

しかしすぐに食べられると思っている人が多いので

思っていたのと違うと感じてしまう人が多いのです。

手入れが面倒

ホットクックをばらしてみると

意外に沢山の部品があることに驚きます。

そしてその部品は使い終わったら

1回1回洗わなければいけません。

 

洗い物も増えますし

毎回分解して組み立て直す面倒があります。

しかしホットクックは内釜以外は食洗機対応なので

食洗機があるご家庭は

あまり手間を感じないかもしれません。

予約調理は一部メニューのみ

働くママにとっては

予約調理はありがたい機能ですよね。

朝セットして夜すぐに

温かいおかずが食べられるなんて夢のようです。

 

しかし残念な事に予約調理は全てのメニューでできるわけではなく

一部のみしか対応していません。

なぜなら腐らないように温度管理をしながら

予約時間に調理を開始する仕組みになっているからです。

なるほど、と思ってしまいますが少々不便ですよね。

調理中は火加減の調整・味見ができない

ホットクックは材料と調味料を入れたら

蓋をしてボタンを押すだけで

あとは自動で火加減を調整して調理してくれます。

 

しかしここは自動調理のジレンマで

あとはプログラミングされた通りに動くだけなので

実際生焼けだったりうまく味がしみこんでいなかったりするのです。

 

ホットクックは保温で腐ることがあるのか

予約調理をする時に

朝セットして夕方できあがっているのはありがたいけれど

その間に食材が腐ってしまわないかと心配になりますよね。

 

特に梅雨時期や夏場は

ただでさえ食材が傷みやすいのでとても心配です。

しかし安心してください。

ホットクックは予約後にすぐ火を通した後に

適温をキープするように出来ています。

そのため食材が腐る心配はありません。

 

食材が腐りにくい温度にコントロールできるなんて

ホットクックは賢いですね。

しかしそれにも限度がありますので注意してください。

ホットクックが食材の衛生面に配慮しながら予約調理できるのは

最大で15時間とされています。

15時間以上経ってしまう場合は予約調理を避けましょうね。

 

ヘルシオホットクックのデメリットとメリット

ヘルシオホットクックのデメリットとメリットについてまとめました。

【デメリット】無線LANの設定が難しい

ホットクックはWi-Fiに接続するとメニューが増えたり

ライフスタイルに合ったメニューを提案してくれたりとメリットが多いのですが

接続が難しいとの口コミはとても多いです。

 

せっかく便利だと思っても設定で諦めてしまう人も多いのだとか。

これでは使う前に疲れてしまいますね。

【デメリット】場所をとる

ホットクックは思っている以上に大きく

キッチンに置くと存在感が出てしまうほど幅をとります。

【デメリット】お話機能がうるさい

ホットクックはとてもおしゃべりが好きです。

スタートボタンを押したらCMが流れたり

調理途中も「おいしくできますように」とおまじないのようにしゃべります。

完成したときも軽快な音楽と共に「できました」とお知らせしてくれます。

 

赤ちゃんがお昼寝している時や

朝家族が寝ているときに大きな声でCMが流れたりしたら

さすがにどきっとしちゃいますよね。

【デメリット】値段が高い

ヘルシオシリーズ全般に言えることですが

ホットクックも価格は他の類似品と比べて高い設定になっています。

その代わり類似品に比べていろいろな調理メニューが含まれてはいるのですが

使いこなせないと無駄だったと感じてしまう値段です。

【デメリット】専用アプリが使いにくい

ホットクックは専用のアプリと連携すると

新しいメニューをダウンロードすることができたり

作りたいメニューを簡単に探すことが出来ます。

 

一見便利に聞こえるかもしれませんが

この専用のアプリが実に使いにくいと不評です。

スムーズにスクロールされないどころか時折フリーズしてしまったり

使う度にストレスを感じてしまいます。

【メリット】ごはんを作ろうという気持ちになる

仕事や育児で疲れていると

ご飯を作るのが面倒になりますよね。

 

しかしホットクックを購入すると

料理することが楽しくなり

ごはんを作ろうという気分がおきます。

【メリット】キッチンに立つ時間が減る

これが最大のメリットです。

前述したようにホットクックは

時短のための調理器具ではありませんが

自動で調理してくれるので

キッチンから離れて別な作業をすることができるのです。

 

ボタンを押したら子供をお風呂に入れたり

洗濯を畳んだり明日の準備をしたり…

今まで出来なかった事ができる時間が増えるので

結果的に家事の時短に繋がります。

【メリット】コンロまわりが汚れない

ホットクックを使用するとコンロを使用する頻度が減るので

コンロ周りのお掃除の頻度も必然的に減ります。

 

コンロ周りってお掃除大変なんですよね。

それがなくなるのはとてもありがたいです。

【メリット】レシピが豊富で飽きない

ホットクックのレシピは300種類以上あります。

カレーやシチューなどの定番を含めて

和洋中どんな料理でも作ることが出来ます。

 

更にどんどん新しいレシピが更新されていくので全く飽きません。

使いこなすことができれば実に便利な調理器具です。

【メリット】誰でもごはんを作ることが出来る

料理が苦手な男の人でも

ホットクックならごはんが作れます。

 

また子供も小学校高学年くらいになれば

簡単にごはんが作れるようになるでしょう。

忙しいママのために家族が協力して

いつでも好きなときに調理できるようになるのはありがたいですね。

 

ホットクックの価格はいくらか

ホットクックははっきりいって

あまりお買い得な商品ではありません。

 

安く売っている家電量販店でも値段はそこそこしますので

購入する際は十分検討してからにしてくださいね。

大体の価格帯は次のようになります。

  • 1.0Lサイズで税込み4万円前後
  • 1.6Lで税込み前後5万円
  • 2.4Lサイズで税込み6万円前後

実際にどの程度の価格で売られているか気になる方はこちらもご覧ください。

CHECK ホットクック(口コミで人気の商品一覧)【楽天市場】

 

ホットクックは欲しいけど

試してみてから購入したいという方は

レンタルもできるので

悩んでいる方は一度使用してから購入するのもいいですね。




まとめ

非常に便利で夢のようなホットクックですが

しっかり使いこなすことが出来れば

お値段以上の満足度が得られます。

購入を検討している方はぜひ本記事を参考に熟考してくださいね。




タイトルとURLをコピーしました