【ブシュロンの結婚指輪は後悔するか】ファセットやクルドパリは傷がつきやすいのか実際の口コミ評判!重ね付けはできるか紹介




憧れの芸能人が付けていることから人気に火が付いた「ブシュロン」の結婚指輪。

ところが評判を見ると「後悔した」などの失敗談もあり、心配になってしまいますね。

 

失敗したといわれるのは主に次の二つが理由として挙げられています。

① サイズ直しができないこと

② こまめなメンテナンスが必要なこと

 

今回は、ブシュロンの指輪について、本当に買って後悔するのか調べ、

「なぜ後悔するのか?」「ファセットやクルドパリは傷つきやすいって本当なのか?」

このような疑問点に対する口コミレビューをご紹介します。

口コミから見るブシュロンの指輪の評判についてチェックして、
後悔しない指輪選びをしてくださいね。

 

CHECK ブシュロンの指輪(口コミで人気のある順)【楽天市場】

 

スポンサーリンク

 

ブシュロンの結婚指輪は後悔するか

結婚指輪もその時代によって様々なトレンドがありましたよね。

カルティエやティファニー、ハリーウィンストンなど…女性たちの憧れになっていたことは間違いありません。

今、その仲間入りを果たそうとしているのが「ブシュロン(BOUCHERON)」。

なかでも結婚指輪として人気が高いのがブシュロンの「キャトル」というシリーズです。

 

いわゆる大粒のダイヤモンドがあしらわれた結婚指輪ではなく、
普段使いしやすいシンプルなデザインで、
かつ高級感のあるキラキラとしたゴールドとダイヤモンドの組み合わせが人気。

 

ところが一部では、「ブシュロンの結婚指輪を購入して失敗した」という口コミもありました。

なぜ「失敗した」「後悔した」という口コミが多く出回っているのでしょうか?

その原因は主に2つ。

① サイズ直しができないこと。

② PVD加工が剝がれやすいこと。

 

① サイズ直しができない

ブシュロンのキャトルシリーズは、ぐるっと一周ダイヤモンドが施されているデザインですから、途中でカットしてくっつけるような加工がしにくいため、サイズ直しができないそうです。

 

女性の場合、出産を機に体型も変わり、指輪のサイズが変わってしまうことも多いですから、サイズ直しができないことで後悔しないようにしたいですね。

 

② PVD加工が剝がれやすい

ブシュロンのキャトルシリーズの「クラシック」「ブラック」には、PVD加工というのものが一部施されています。

どちらも黒っぽい色のコーティング加工がされているのですが、この部分が使っているうちに剥がれてしまい、地のゴールドやホワイトゴールドの色が目立ってきてしまうそうなんです。

 

もちろん、加工の剝がれに関しての修理は承ってくれるそうですが、そうは言っても何度も修理に出すなんてちょっと面倒という人もいますよね。

メンテナンスが度々必要になることから、失敗した・後悔したという声が目立ってしまっているようです。




 

ブシュロンファセット・クルドパリは傷がつきやすくて目立つか

ブシュロンのファセットやクルドパリシリーズは、おしゃれなカッティングデザインが人気ですよね。

ダイヤモンドはありませんが、角度によってキラキラと輝きを放つので、シンプルなのにおしゃれと大人気。

飽きの来ないデザインですから、年齢問わず使えるというのも魅力かもしれません。

 

しかし、このファセットやクルドパリシリーズは、面が広いことから傷がつきやすく目立ちやすいというデメリットも…。

結婚指輪は婚約指輪と異なり、普段使いしますから、食器を洗う際に陶器と擦れて傷がついたり、面の角が削れてしまったりすることもあるでしょう。

 

ただこちらも、ショップにお願いすれば磨き直しをしてくれるそうなので、気になる方は利用するのもいいかもしれませんね。

 

とはいえ、結婚指輪というのはどのブランドの物でも、毎日身に付けていればそれなりに傷がつき、劣化してしまうもの。

それを「夫婦の歴史」として捉えるのか否かは、各個人の問題ですから、色々検討したうえで決めるといいと思います。




ブシュロンの結婚指輪・婚約指輪の口コミ評判

これまでブシュロンの結婚指輪は、傷がつきやすい・サイズ直しができないといったデメリットがあることをご紹介しましたが、果たしてその噂は本当なのでしょうか?

ここではブシュロンの結婚指輪・婚約指輪の実際の評判について見ていきましょう。

 

 

【ブシュロンの結婚指輪・婚約指輪】悪い口コミ

 

こちらの方は、周りで何度も指輪が折れて修理している人がいたという理由からやめてしまったと言っていますね。

華奢な指輪だけに、使い方によっては、もしかしたら折れたり変形したりしてしまうのかもしれません。

 

 

やはりブシュロンのキャトルの指輪の一部が剥がれてしまうといったデメリットを指摘する声がありますね。

結婚指輪ですから日常的に肌身離さず付ける人は多いはずですから、気になるほど劣化してしまうことに抵抗を感じる人もいるでしょう。

決して安い買い物ではないので悩んでしまいますね…。




【ブシュロンの結婚指輪・婚約指輪】良い口コミ

 

 

こちらはブシュロンで人気の婚約指輪「ピヴォワンヌ」。

シャクヤクの花をイメージした華やかなデザインが、思わずうっとりしてしまいますよね。

高級感もあって、眺めるたびにため息が出てしまいそうです。

 

https://twitter.com/minminkekkon/status/1543062508319416320?s=20&t=hBSuv2IgoeKcx3D85z_c2Q

 

憧れのブシュロンの指輪でプロポーズだなんて、素敵ですよね。

しかも100本のバラの花束も。

まるで映画のワンシーンのような…。

https://twitter.com/JhMsKybE2MuVu9C/status/1543794679598030849?s=20&t=LYbH6eDv2AHfc1OwU2KX_g

 

ブシュロンの結婚指輪。こうして並べてみると、とても素敵ですよね。

男女ともにつけやすいシンプルなデザインで、女性の場合重ね付けで楽しめるのも魅力のようですよ。

 

 

ブシュロンの結婚指輪を身に着けている芸能人

ブシュロンは今、芸能人の間でも大人気!

憧れのあの人のようにブシュロンの結婚指輪が欲しい…!なんて方もいるかもしれませんね。

 

ある俳優夫妻がブシュロンの結婚指輪を着けている話は非常に有名。当時人気だったカルティエやハリーウィンストンではなくブシュロンを選んだところが、おしゃれに敏感なお2人らしいですね。




 

ブシュロンファセットの重ね付けはどうか

先ほども少し触れましたが、ブシュロンの指は華奢なデザインも多く、重ね付けしやすいというのも魅力の1つです。

 

婚約指輪と重ね付けしたり、10年の結婚記念日に指輪を増やして重ね付けしたりする方もいるそうですよ。

ブシュロン愛用者なら、

ファセット×ビーラブド

ファセット×キャトル

などの重ね付けがおすすめ!

 

ファセット自体がシンプルなデザインなので、キラキラと輝きを放つダイヤモンドがあしらわれたデザインとも相性が抜群です。

ファセット1つだと華奢すぎて似合わない…という方も、重ね付けして楽しむといいかもしれませんね。

 




まとめ

結婚指輪も色々なブランドがあって迷ってしまいますよね。

今回色々と調べてみたところ、傷付きやすい・加工部分が剝がれやすい・サイズ直しができないと言ったデメリットも多いものの、やはりシンプルで年齢を問わず使えるブシュロンの結婚指輪はとても人気のようでした。

 

今回ご紹介したような評判を参考にしつつ、一生に一度の結婚指輪ですから、女性も男性も納得のいくものに決めるといいと思いますよ。

 

 

CHECK ブシュロンの指輪(口コミで人気のある順)【楽天市場】

 




タイトルとURLをコピーしました