正月

喪中はお年賀ではなく手土産!松の内後の訪問かお歳暮を贈ろう!

投稿日:2017年10月14日 更新日:

喪中はお年賀ではなく手土産!松の内後の訪問かお歳暮を贈ろう!

日頃お世話になった方への元へ新年の挨拶に伺おうと思ったとき、
先方が喪中だったらどうしていいか悩みますよね。

そこで今回は喪中の相手に新年の挨拶を考えている方へ

お年賀として渡していいのか
渡す時期はいつがいいのか

などなど、気を付けなくてはいけないことについてお話します。

 

スポンサーリンク

 

喪中のお宅はお年賀ではなく手土産で!

新年の挨拶といえばお年賀です。

お年賀とは本来、神棚に新しい年神様をお迎えして祀るためのお供え物で、
新年の挨拶に本家へ訪れた分家の人々が持参することをいいました。

それが時を経て、新年の挨拶で訪れたお宅へ
挨拶と一緒に添えて渡す贈り物になりました。

現在のマナーでは、お年賀は正月三箇日(1月1日から3日)までの間に、
両親や親戚など日頃お世話になっている方のお宅を直接訪問し、
挨拶とともに贈り物を手渡しするのが一般的です。

このお年賀は、自分もしくは先方が喪中の場合は控えます。

というのも、喪中とは、

身内が亡くなった悲しさから何かをする気分になれず、
お祝いごとから距離を置いて心静かに故人を偲んでいる状態

を表し、
新年を祝うお年賀は「とてもじゃないがやりたくない」という考えですので、
相手の想いを尊重し、お年賀を渡しに行くのは避けましょう。

ですが年明けに会う予定が既に決まっている、なんていう場合もありますよね。
そういう場合でもお年賀は避ける必要があります。

お宅に訪問するときに手ぶらでは大変失礼ですので、
ただの手土産として贈り物を持参するのが良いでしょう。
そのときは品物にのしを付けず、普通の包装紙で包んだ状態のものを渡します。

また、「あけましておめでとうございます」と挨拶するのも遠慮して、
「昨年はお世話になりました」「今年もよろしくお願いします」程度に収めましょう。

なお、贈り物は仏様にお供えするものか、先方の好物にしましょう。
喪中は質素に過ごすものなので、華やかなものは避けた方が無難です。

 

松の内後に喪中のお宅を訪問しよう

本来喪中は気持ちに整理をつけて自発的に何かしようという気持ちになるまで
そっとしておくものです。

ですので正月になったといえど新年を迎えていないものとして接するべきものです。
いくら「のしを付けていないからお年賀ではなく手土産」として贈り物をしたとしても、
新年の挨拶していることに変わりありませんので本来は好ましくありません。

どうしても新年早々に会わなければならない場合を除き、
喪中の方への挨拶は松の内(昔は15日でしたが、今は1月7日)の間は
訪問するのをなるべく控えましょう。

スポンサーリンク

喪中のお宅に贈り物をしたいならお年賀の代わりにお歳暮!

新年早々に会う予定がない限り、喪中のお宅を訪問するのは正月過ぎてからが一般的です。
そのときはただの訪問として行きますが、
どうしても何かしらの名目をつけたい場合は「寒中見舞い」として挨拶します。

ですが寒中見舞いとは、喪中の側が年賀状をもらってしまった場合に、
事前に喪中の連絡が出来なかったことをお詫びする挨拶状との見方が一般的です。

寒中見舞い自体、贈り物よりお手紙までに留めるのが多いので、
相手によっては贈り物に微妙な反応だったりします。

加えて、正月も過ぎるとお休みが取りにくかったり、
先方との都合が合わなかったりして、
大分日が開くことで今更感が出てこないか気になる方もいらっしゃると思います。

そういう場合は年明けを迎える前に、お歳暮を贈ることをお勧めします。

喪中の方へ正月に贈り物をすることはできませんし、
年賀状や年始のご挨拶は控えることになりますが、お歳暮は喪中と関係ありません。

お歳暮は年末に一年を振り返って日頃の感謝を述べるもので
お祝いごとを伝える役割はありません。

お歳暮を贈った上で、正月明けに寒中見舞いとは関係なく訪問しても良いですし、
お年賀についてこだわるならお歳暮を贈ることをお勧めします。

 

まとめ

喪中のお宅への訪問は出来る限り避けた方が良いですが、
どうしても行かなくてはならないときは
おめでたいという態度はとらず、単に挨拶するだけに留めましょう。

また贈り物にはのしをつけません。
ただの手土産としてお渡ししましょう。

悲しんでいる相手を思いやって接することが一番大事です。

スポンサーリンク

-正月
-, , ,

関連記事

おせちは手作りで簡単にできる?いつから作るのか 費用はどれくらい?

おせちは手作りで簡単にできる?いつから作るのか 費用はどれくらい?

年明けに向けて12月中に準備しておくものの一つに、 おせち を挙げる方も多いのではないでしょうか。 ですが、 「おせちって作るの難しそう・・・」と思って、 おせち作りを敬遠される方もいらっしゃいます。 …

お年玉のお礼どうしてる?お返しするなら金額は?気を付けたいマナーって?

お年玉のお礼どうしてる?お返しするなら金額は?気を付けたいマナーって?

お正月に実家へ帰省したり、親族の集まりに顔を出すと、 子供にお年玉をいただくこともありますよね。 お年玉をくださった方に子供がいれば、 同じようにお年玉を渡してお互いさま、とできますが、 相手に子供が …

喪中も年越しそば食べてもいい?正月飾りやおせちは?食べてはいけないものってあるの?

喪中も年越しそば食べてもいい?正月飾りやおせちは?食べてはいけないものってあるの?

年末が近づいてくると、 新しい一年を迎えるために色々と準備しなければならないことが出てきます。 年末の大掃除や年越しそばの用意、 正月飾りやおせちの準備など、たくさんありますね。 ですが喪中だった場合 …

七草粥はいつ食べる?食べる時間は朝?夜?どんな特徴があるの?

七草粥はいつ食べる?食べる時間は朝?夜?どんな特徴があるの?

年明けに食べるものの一つに七草粥があります。 この七草粥、 「名前は知っているけど、いつ食べるものかよく知らない」 なんて方も結構多いんです。 かくいう私も、 「お雑煮を食べられなくなったら出てくる食 …

おせちを保存するのは常温それとも冷蔵?冷凍保存するときの方法は?

おせちを保存するのは常温それとも冷蔵?冷凍保存するときの方法は?

正月に欠かせないものの一つに「おせち」があります。 おせちは正月三箇日の間「主婦を家事から解放する」という意味合いから、 保存が効くものが中心になっています。 ですがこの「保存」、常温か、冷蔵か、それ …

スポンサーリンク

スポンサードリンク



検索

ご訪問ありがとうございます。
管理人の鳥海です。

このブログは日常の中で気になったこと
疑問に思ったこと等を記事にしています

お役に立ちましたら幸いです。