部屋干しの洗濯物は暖房と除湿どっちが乾く?冷房の場合や エアコンと除湿機併用での効果は?

エアコンの暖房と除湿 洗濯物はどっちが乾きやすい?除湿器と併用もあり!

冬場は気温が低いので洗濯物を外で干してもなかなか乾きませんよね。
仕方ないから室内干しにと思っても
ただあまり乾かなかったこともしばしば…。

浴室乾燥機などがあればいいですが、
備えている家ばかりではないですよね。

それじゃあエアコンを使って部屋干しすれば乾かせられないか?」と考えたとき
冷房や暖房、除湿(ドライ)などいくつかあるモードの中で
除湿がよさそうだけど、暖房でも洗濯物は乾くと聞くし、
どちらを使えばいいのか悩みませんか?

そこで、今回は洗濯物を部屋干しするとき、
エアコンを使って乾かすならどのモードを使うと
効率的に乾きやすいのか調べてみました。

同じような悩みを持っている方はぜひ参考にしてください。

CHECK エアコンクリーニング用品で人気の商品(週間ランキング)【楽天市場】

スポンサーリンク

 

エアコンは暖房と除湿 洗濯物を乾かすならどっち?

エアコンに備えられているモードの機能はメーカーによって異なります。
エアコン自体に部屋干し用のモードがあればもちろんそれを使うのが一番いいと思います。
ですが、部屋干しモードがなかったときはどうしたらいいのか悩みますよね。

一般的なエアコンのモードは

  • 冷房
  • 暖房
  • 送風
  • 除湿(ドライ)

があると思います。

洗濯物を乾かすときに重要な要素は、
温度と湿度
ですので、それを踏まえて、各モードでの洗濯物の乾かしやすさを見ていきます。

暖房モードでの乾かしやすさ

暖房は部屋を暖めるものですが、
部屋を暖める、つまり温度を上げるときに、
湿度を下げる効果もあるので、
洗濯物を温めながら、付着した水分を飛ばすことが可能です。

なので、冬場の洗濯物を乾かすのに向いています。

 

冷房モードでの乾かしやすさ

冷房には温度を下げるだけでなく、湿度を下げる効果もあります。
なので、洗濯物を乾かすのに向いています。

ただし冷房は温度を下げる過程で湿度を下げる仕組みなので、
部屋の気温を上げながら湿度を下げたり、除湿だけを行うことはできません。

また、設定温度以下になるとその温度を保つために機能がストップします。

このことから、夏場ならともかく、
冬場の寒い時期に使うのは不向きです。

 

送風モードでの乾かしやすさ

扇風機と全く同じ機能であり、ただ風を送るだけのものです。
暖房や冷房のように部屋の温度をコントロールすることはできません。

ただ、洗濯物に風をあてると水分を飛ばすことができるので、
送風モードで乾かすこともできます。

ですがこれは扇風機でもできることですし、
送風モードは扇風機程の威力はないので、
送風モードで乾かすくらいなら扇風機を当てる方が効果があります。

どちらかといえば、
冷房や除湿を使った後湿ったエアコン内を清潔に保つために
フィルターを乾燥させる役割で使う方が良いです。

 

除湿(ドライ)モードでの乾かしやすさ

「洗濯物を室内で干すなら除湿が大事」ともいわれるので、
エアコンを除湿モードで、と考える方も多いかもしれません。

確かに除湿は有効ですが、
エアコンの機能によって洗濯物の乾燥には向き不向きがあります。

除湿機能は大きく分けて、
「再熱式」と「弱冷式」の2種類あります。

再熱式は一般的な除湿機と同じような働きができますが、
弱冷式の場合は多少除湿されるものの限界があります。

多くのエアコンは弱冷式の除湿機能を有しているので、
洗濯物を乾かすほどの除湿機能をエアコンで得るのは難しいです。

再熱式でもない限り、
エアコンで洗濯物を乾かすなら暖房をお勧めします。

なお、エアコンの除湿機能は多用するとカビが生えやすくなります。
除湿機能・ドライモードを使った後は送風モードなどで
エアコンの内部を乾燥させるようにしてください。

 

洗濯ものを乾かすのに最適なモードはどれ?

4つのモードを比較すると、
冷房は暑い時期ならともかく、涼しい時期や寒い時期には向きませんし、
送風はただ風を送るだけなので洗濯物を乾かすことができません。

残るは除湿と暖房ですが、
除湿の場合、エアコンによって乾かしやすさにばらつきがあり、
大抵の場合は洗濯物を乾かすほどの性能がありません。

なので、エアコン単独で部屋干しをする場合は
部屋をあたためながら湿度を下げてくれる暖房が一番効果的です。

 

スポンサーリンク

エアコンの暖房モードはどうして除湿効果があるの?

エアコンの主な機能、暖房、冷房、除湿、送風の中で、
室内干しに適しているのは暖房です。
(ただし冬場に限ります。夏場は冷房です)

暖房における湿度の低下は、
温度を上げることで空気中に含まれる水分量の割合が変化していることで起きます。
除湿のように空気中から水分を取り除くものではありません。

つまり、暖房モードを止めて元の温度まで下がると、湿度の値は元の値まで上がります。

ですが暖房をつけている限り、部屋がずっと乾燥しますので
乾いた空気は水分のあるところから水分を取っていくので、
除湿しているのと同じように水分を取り除いているような状態になります。

乾いていない洗濯物は水分を大量に含んでいるので、
乾燥した空気が奪う水分としてもっとも狙いやすい獲物となり、
室内干しの洗濯物は乾きやすくなります。

 

除湿器をエアコンの暖房と合わせて使うのは?

基本的にはエアコンの暖房をつけると
湿度が下がり、部屋が乾燥するので
除湿機を併用する必要はありません。

ですが、部屋の窓などから外気温が中に伝わりやすい場合、
窓周辺は空気が冷やされて湿度が上がりやすく、
場合によっては結露します。

その場合、部屋の中の湿度も変わるので、
エアコンだけだと洗濯物が乾きにくくなります。
そういう場合では除湿器と合わせて使うと効果があります。

湿度を下げることは結露やカビを防ぐことにもなるので、
ぜひ合わせて使ってみてください。

さらに言えば、
除湿器だけでなく扇風機も合わせるとより効果的です。
それぞれ、

  • 除湿器:湿気を取り除く
  • 扇風機:空気を循環させてよどみを作らない
  • 暖房:温度を上げて、湿度を下げる

といった役割分担でより早く洗濯物を乾かすことができます。

 

エアコンで洗濯物を乾かすときのまとめ

洗濯物を乾かすためには温度と湿度が重要です。

エアコンに室内干し用のモードがないのであれば、
部屋の温度を上げながら部屋を乾燥させられる暖房が冬場はお勧めです。

湿度は高すぎても低すぎても体に害があるので、
温湿度計を置いて湿度管理を行うようにしましょう。

 

CHECK エアコンクリーニング用品で人気の商品(週間ランキング)【楽天市場】

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました