【結婚指輪がピンクゴールドは後悔するか】変色や錆びるなど劣化のデメリットや プラチナ・ゴールドにすればよかった声の真相!カルティエなど男性や年齢を重ねてもつけられるか紹介




結婚指輪をピンクゴールドにして後悔したことやデメリットなど注意点を解説!男性や年齢を重ねてもつけられるか気になるポイントまとめ

ピンクゴールドのアクセサリーは柔らかな色合いで肌馴染みがよく、
フェミニンなところが人気です。

そんなピンクゴールドで結婚指輪を作ろうと思ったとき、
日本は結婚指輪というとプラチナがメジャーなので、

ピンクゴールドで結婚指輪を作ったら後悔するんじゃないか?
結婚指輪をピンクゴールドにしても
すぐ錆びるんじゃないの?
あとでプラチナにすればよかったと思わないかな?

と悩む方は少なくありません。

また、ピンクゴールドで結婚指輪を作ることに対して、

  • プラチナに比べ耐久性が不安
  • 変色する
  • 見た目がカジュアルで結婚指輪っぽくない

などなどネガティブな意見もあり、
デメリットが気になってきて
ピンクゴールドにしても大丈夫か不安になってきます。

でも実際には

桃色がかったピンクゴールドは日本人の肌色に合いやすくて
普段のファッションに合わせやすいので日常的に身につけていても支障がなく、
実は他のゴールドより強度があるので耐久性が高いです。

最近ではプラチナに次いで結婚指輪にも選ばれるほど人気があり、
ピンクゴールドでマリッジリングを作っても全く問題はありません。

とはいえ、変色リスクやサイズ調整がしづらいデメリットがあるのは確かなので、
指輪を作ってから後悔しないように、
あらかじめピンクゴールドの欠点を知っておくことは重要です。

 

今回はピンクゴールドのマリッジリングについて、
デメリットなどの注意点やお手入れ方法など、
知っておきたいアレコレについてお話しします。

ちなみにピンクゴールドのマリッジリングで
人気のあるデザインや、価格の相場などが気になる方は
実店舗へ訪れる前にこちらでチェックしておくと参考になりますよ。

Pick up!  ピンクゴールドの結婚指輪で口コミ評価の高い人気のリング一覧【楽天市場】

 

スポンサーリンク

 

結婚指輪をピンクゴールドにするメリット

ピンクゴールドは柔らかで優しい輝きがあり、
プラチナやホワイトゴールド、イエローゴールドよりも
日本人は肌に馴染みやすい色合いの金属です。

指輪がピンクゴールドだと肌馴染みがいい

そんなピンクゴールドで指輪を作ると、
華やかな印象のあるイエローゴールドとは異なり、
シックで落ち着いたイメージになります。

また、光沢をあえてツヤ消ししてマット加工を施すと、
ナチュラルな印象雰囲気にもなり、
シンプルなデザインはフェミニンで可愛らしく、
コンビなどで他の金属と合わせたリングやデザイン性の高い指輪は
ファッションリングとしても大変人気があります。

ピンクゴールドの指輪は、
上品で落ち着きのある指輪や
柔らかく肌馴染みのいい指輪を求めている方に多く選ばれています。




結婚指輪をピンクゴールドにするデメリット

ピンクゴールドのマリッジリングにするデメリットとして
一般的に言われているのは次のようなことが挙げられます。

  • 変色
  • 耐久性
  • サイズ調整とメンテナンス
  • 金属アレルギー
  • ファッションリングに見える
  • 身につけるシーンを選ぶ

これらのデメリットの実際のところを詳しくお話しします。

変色

ピンクゴールドはプラチナと比べて変色しやすいといわれていますが、
実はプラチナと同様に変色しにくい金属です。

ただゴールド同士で比べるとピンクゴールドは
イエローゴールドなど他の金に比べて
銀・銅成分の配合が多いため変色を起こしやすいとはいえます。

特に成分内に硫黄が含まれる場合は、
汗をかいたときやハンドクリーム・消毒をしたときに、
指輪についた汚れをこまめに拭い、
温泉に入るときは外した方が安心です。

ただこれに関しては
日常使いで変色することはそうそうないですし、
日頃のお手入れや磨き直しのメンテナンスなどで対応可能ですので、
そこまで深刻に考えることはありません。

ただ、金にピンクゴールドのメッキを塗っている指輪に関しては別です。
このタイプは経年でメッキが剥げて地金のゴールドが見えてきて、
黄色っぽくなります。

本物のピンクゴールドは、金属素材自体に色がついているので
剥げることはないのですが、
まれにメッキタイプのピンクゴールドがありますので、
購入する際はどちらのタイプか確認しておくことが重要です。

メッキタイプの場合は変色だけでなく色剥げも起きるので
ファッションリングならともかく、
結婚指輪としては避ける方が無難です。

また、「錆びる」という意見もありますが、
基本的にピンクゴールドの場合は錆びではなく酸化します。

 

耐久性

ピンクゴールドに対して、プラチナに比べて耐久性が低く、
「傷が付きやすい」「曲がりやすい」などのイメージを持っている方がいますが、
実際には日常生活で支障がない硬度を持っています。

むしろピンクゴールドの合金配分にもよりますが、
基本的にはゴールドとプラチナを比較すると、
硬さは同じか、ゴールドの方が高いくらいです。

プラチナも傷はつきやすいですし、
どちらかというとプラチナの場合は硬いというより粘り強いので、
力が加わった時にゴールドなら固くて折れてしまうところ、
プラチナは曲がるという違いになります。

耐久性だけに注目するなら、
ゴールドやプラチナよりステンレスの方を選ぶ方がいいくらいですので、
この点はあまり気にしなくてもいいと思います。

 

サイズ調整とメンテナンス

ピンクゴールドが硬いとお話ししましたが、
それがメリットである一方、
その硬さの影響でサイズ調整がしづらい面があります。

また、ピンクゴールドの合金成分がショップごとに違うので、
サイズ加工などのメンテナンスが難しく、
購入店以外では受け入れられないケースもあります。
この点は購入時に確認しておきましょう。

金属アレルギー

ピンクゴールドは他のゴールドに比べて銅を含む割合が多いので、
一般的なゴールドに比べると
金属アレルギーが出やすいと言われています。

ピンクゴールドに含まれる成分によりますし、
ブランドやメーカーによっては
アレルギーが起きにくいよう配慮した素材を
使用しているところもありますので、
敏感肌の方や金属アレルギーの方は、
ショップに確認してから購入することをお勧めします。

 

ファッションリングに見える

ピンクゴールドはファッションリングで身につけている方も多く、
結婚指輪よりはペアリングに見えるという意見もあります。

ピンクゴールドはカジュアルで
安っぽく見えるから避けた方がいいのでは?
結婚指輪といえばプラチナでしょ?

という意見を挙げる人もいますが、
身につけ方やデザインにもよって変わってきます。

カジュアルだから見飽きるとの意見も、
派手なものを避けてシンプルにすれば他の金属と変わりません。

実際、最近はマリッジリングにピンクゴールドを選ぶ人も増えているので、
自分が気に入ったデザインの指輪であれば、
この点はあまり気にしなくてもいいと思います。

実際日本ではプラチナが多いですが、
海外では金がメジャーの国も多いですし、
どちらにしても結局メンテナンスが必要な点は変わりません

身につけるシーンを選ぶ

ピンクゴールドは色合いが柔らかでおしゃれなので
結婚式など華やかな場でも似合う金属ですが、
一方で葬式のようなフォーマルな席には合わないことがあります。

普段から指輪を身につけたままにしてどんな場面でもつけていたい場合は
ダイヤや石などの装飾が控えめで、
ツヤ消しを施して鏡面仕上げのような光沢を抑えたデザインにする方が無難です。

それ以外にも、下で紹介しているリングのような
表面がホワイトゴールド、裏面がピンクゴールドの
デザインにするという手もあります。

 

 

スポンサーリンク

「結婚指輪をプラチナすればよかった」と後悔した人の理由

でもいくらピンクゴールドが人気だとはいえ、
ファッションリングとマリッジリングはまた異なるもの。

実際に結婚指輪をピンクゴールドにして後悔していないのか、
選んだ人の声は気になりますよね。

そこでピンクゴールドのリングにして後悔した、
という人の声をまとめてみました。

肌馴染みがいいからピンクゴールドにしたけど、
ブランドによって色味が違うので、
自分の肌に合っていなかった。
これならプラチナにすればよかったと後悔。
ピンクゴールドが一番肌の色との合っていたので選んだけど
結婚指輪というとプラチナのイメージだから、
プラチナにすればよかったかなと思った。
葬儀のときにピンクゴールドの指輪だと
目立って浮いてしまうので身に着けられず、
これならプラチナとか無難にしておけばよかったと感じた。

ピンクゴールドにして後悔している人の声は大きく分けると

  • 思ったより自分の肌に合っていなかった
  • 冠婚葬祭で使える場面が限られてしまった

この2点が多く見られました。

ただこれに関しては、

  • 購入前にしっかり自分の肌に馴染むか確認すること
  • 葬儀の際は別に適した指輪を用意する
    (または初めから指輪をつけない)

といったことで対応できます。




結婚指輪をピンクゴールドにしなかったことで後悔した人の意見

また逆に、
ピンクゴールドにしなかったことで後悔した人の意見を見ると、

気持ちはピンクゴールドの指輪だったが、
周りの意見に圧されてプラチナにしたが、
実際に身につけているとピンクゴールドを選んだ方が後悔しなかった
パーソナルカラーはゴールド系で、
普段身につけるアクセサリーもゴールドばかり。
でも結婚指輪だからとプラチナにしたが、
普段のファッションを合わず、
ジュエリーは統一した方がよかったと後悔

という声も少なくありません。

実際に後悔した人の例でいえば、
ピンクゴールドの結婚指輪にして後悔するかどうかは
最終的には自分好みの指輪になったかどうかに左右されるので
ピンクゴールドのデメリットを理解したうえで
どの金属素材で指輪を作るのがいいか判断するのがいいと思います。



ピンクゴールドの指輪が似合う年齢はいつまでか

ピンクゴールドに対して、その可愛らしく優しい色合いと
若い人がファッションリングでよく身につけていることから
年を重ねたときも身につけていておかしくないか不安の声も見かけます。

そういう場合は、落ち着きのあるシックな色にするのがお勧めです。

ピンクゴールドはブランドによって色味が全く異なるので、
明るいものではなく、落ち着きのある色で、
デザインを甘くしすぎないなどの工夫をして選べば
40代、50代、60代…といくつになっても違和感なく身につけられます。

それでもプラチナの方が、という意見もありますが、
プラチナにしたところで、
50代、60代になっても身につけているとは限りません。
これをいうと身も蓋もないですが、
出産や家事で指輪をつけていると邪魔だから指輪を外して
普段は身につけなくなったという事例も結構多いです。

どうしても気になるなら
年を重ねたら記念に指輪を新調してもいいですし、
マリッジリングのベースはプラチナにしてアクセントにピンクゴールドを入れたり、
コンビでピンクゴールドの指輪を重ね付けする方法もあります。

 

 

ピンクゴールドの肌馴染み

ピンクゴールドの指輪を買うにあたっては、
実際に購入して後悔した人の声にもあったように、
肌馴染みしなくて身につけなくなった事例があります。

ピンクゴールドは他のカラーゴールドよりも銅成分を多くすることで
赤味が増してピンク色になっており、
この割合はブランドによって異なるので
ピンクゴールドの色味もモノによって異なってきます。

自分の肌に合うかどうかは実際に身につけてみないとわかりづらいので、
実店舗で試着して自分の肌にその色味が合っているか確認しておくと
何歳になっても安心して身につけられます。

ちなみにピンクゴールドが馴染む肌はブルーベースで、
イエローベースの肌はイエローゴールドが似合うとよく
言われています。

自分がどちらかわからない方もいると思いますので、
簡単な見分け方としては日焼けしたときの肌の色です。

ブルーベースは赤くなりやすい
イエローベースは黒くなりやすい

もちろんイエローベースならピンクゴールドがダメということはありません。
ピンクの色味加減で自分に似合う色を見つけられますので
肌馴染みのチェックはしっかりするようにしてくださいね。

 



結婚指輪でピンクゴールドが男性に人気の理由

ピンクゴールドというと女性のイメージが強いので
男性の結婚指輪をピンクゴールドにするのは抵抗のある方もいます。

しかし実際にはピンクゴールドを選ぶ男性も少なくありません

その理由としては次のような声が寄せられています。

色黒なのでプラチナにしたら浮いてしまう
男性でピンクゴールドの指輪をしている人は
プラチナほど多くないので個性が出て特別感がある
いつもゴールド系を身につけているので
ワンポイントにピンクゴールドが入っているものの方が
使うときも馴染みやすかった

 

ピンクゴールドはイエローゴールドやプラチナに比べると
存在感はあるものの控えめで落ち着いた印象があるので、
実は初めて指輪を身につける男性に人気があります。

また、プラチナに比べると比較的安価なので、
お財布にも優しく、予算が決まっている夫婦に好まれています。

耐久性が高く、長年身につけていても問題ない金属なので、
手持ちの指輪などアクセサリーと重ね付けして
オシャレに演出したり幅広い使い方ができますし
日常生活で指輪に傷をつけたくない方も選ばれる素材です。

ただ、どうしても男性がピンクゴールドに抵抗がある場合は、
男性はプラチナ、女性はピンクゴールドにするなど、
男女で別の素材を選ぶようにしましょう。

必ずしも夫婦で同じ金属にする必要はありませんし、
二つ重ねると一つのデザインになるペアリングなどもできますので、
気負わず好きなものを選んでくださいね。

 



ピンクゴールドの指輪のお手入れ方法

変色のデメリットが不安視されているピンクゴールドですが、
基本的には市販の布で拭いて磨くだけで大丈夫です。

ただ空気中の酸素によって酸化して変色する場合もまれにあります。
これは表面の薄膜が酸化したことで起きる経年変化なので、
次の手順でピンクゴールドの色は元に戻ります。

貴金属専用の磨き布で変色(酸化)した表面を拭き
黒ずみなどが出てきたら中性洗剤などで磨く
Pick up!  貴金属専用クリーニングクロス(口コミ人気順)【楽天市場】

これで対処できない場合や、
汗や温泉などで大きな変色をした場合でも、
ピンクゴールドを再コーティングするなど、
メンテナンスで元の輝きに戻すことは可能ですので
ショップに相談してみましょう。




まとめ

ピンクゴールドはその柔らかな色合いが上品で人気のある金属です。

一般的に言われている耐久性が低いなどのデメリットは
実はプラチナとそう変わりがありません。

プラチナを選んでもピンクゴールドにしても
日々のメンテナンスは必要です。

最近は女性はピンクゴールド、男性はプラチナにするなど、
ペアデザインでも別々の金属にするケースも多いので
最終的には自分の好きなものを選んでもいいと思います。

後悔しない結婚指輪を選ぶためには、
実際に店舗へ行ってピンクゴールドの指輪をはめてみて、
自分の肌に馴染むかじっくり吟味して決めてくださいね。

 

ピンクゴールドのマリッジリングで
人気のあるデザインや、価格の相場などが気になる方は
実店舗へ訪れる前にこちらでチェックしておくと参考になりますよ。

Pick up!  ピンクゴールドの結婚指輪で口コミ評価の高い人気のリング一覧【楽天市場】




タイトルとURLをコピーしました