Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

結婚式

結婚式で留袖を着ないのは常識外れ?留袖以外を着てもいい?

投稿日:2019年6月21日 更新日:

結婚式で留袖を着ないのは常識外れ?留袖以外を着てもいい?

結婚式で見かける黒い留袖。
上品で華やか、美しく凛とした印象を受けます。

留袖とは既婚女性の正礼服であり、
黒留袖は結婚式や披露宴に出席する親族女性の礼装服とされています。

結婚式での親族は、ゲストを迎える立場です。
黒留袖というのも、ゲストを迎える立場のための装いです。

正礼服とされている留袖は、母親や親族女性なら必ず着ないといけないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

結婚式は留袖を着るのが常識?

結婚式は留袖を着るのが常識?

昔は、既婚女性が着用する最も格式が高いとされる第一礼服である留袖を、
ほとんどの人が子供や親族の結婚式には着ていました

現代の母親が黒留袖を着る割合は80%だそうです。
着物離れをした現代では、慣れていない・苦しいなどの理由から
洋装で参加する母親も多くなっています。

結婚式の形も色々と変わってきていますよね。
レストランウェディング、人前式、ゲストハウス挙式、会費制結婚式など
パーティーのような結婚式も増えています。

そういった結婚式のタイプが増えているので、
洋装で参加する母親も増えているんでしょうね。

留袖を着るのが常識というわけではありません
式のタイプに合わせて着るのもいいかもしれませんね。

新郎の母親は黒留袖で新婦の母親は洋装などと、
異なってしまうと両家がばらついた印象を受ける場合もありますので、
事前に両家で和装か洋装かを確認しておくといいと思います。

スポンサーリンク

結婚式で留袖以外を着るときにお勧めの装いは?

結婚式で留袖以外を着るときにお勧めの装いは?

留袖以外の正礼服と言えば、アフタヌーンドレスです。
黒のロングドレスが基本です。

どんなアフタヌーンドレスがいい?

足首まで隠れるような長さのロングドレスで、袖は七分袖以上の長袖にし、
襟元も大きく開いていないものを選ぶようにします。

アフタヌーンドレスの時の足元は、キラキラしていない布や革製のパンプスにしましょう。
アクセサリーはやはり上品なパールのネックレスがいいでしょう。

黒のロングドレスもシンプルすぎると
喪服と変わらなくなってしまうのでご注意くださいね。

膝上のスカートや、露出が多いドレス、派手すぎる柄はNGです。
上品なデザインの柄で華やかな黒を選ぶようにしましょう。
そして、コサージュやバック、ネックレスなどの小物で華やかさをプラスするといいですね。

夕方以降の式ならイブニングドレス

イブニングドレスでは
アフタヌーンドレスよりも少し光沢のある生地やレースがあるものを選びましょう。
多少の肌の露出は大丈夫です。

イブニングドレスの時の足元は、エナメル素材の少し光沢があるパンプスがおすすめです。

アクセサリーは、少々ゴージャスなものでも大丈夫です。
ジャラジャラつけるのではなく、
高価に見えるゴージャスなものを一つだけさりげなく身に着けておくといいと思います。

 

その他、カジュアルなパーティータイプの式だと黒以外に色のついたドレスでも大丈夫です。でもロング丈にして下さいね。
色のついたドレスと言っても、あまり派手な色は避けて下さい。
ネイビー、グリーン、ボルドーなどがおすすめですよ。

更に、レストランウェディングやゲストハウス挙式などであれば、
アンサンブルスーツやセミフォーマルでいいと思います。
そのような場合は、ロング丈じゃなくても大丈夫ですが、
やはり膝上ではなく膝下にしましょう。

全てにおいて、
花嫁より目立たないように注意して下さいね。

まとめ

昔は結婚式で母親や親族が着用するのが当たり前だった黒留袖。
着物離れと時代の流れで年々減ってきているのが現状です。

留袖を着るのが常識とは決まっていませんので、
結婚式のタイプや両家のバランスを考えて装いを決めてみて下さい。

悩んだ時やわからない時などは、結婚式プランナーさんも相談にのってくれますので、
話してみるのもいいですよ。

 

 

スポンサーリンク

-結婚式
-,

おすすめ記事と広告

関連記事

結婚したら両家親はお中元やお歳暮を両親同士贈り合うのが一般的?!

日頃お世話になっている方へ、お中元やお歳暮を贈る方も多いのではないでしょうか。 多くの場合、贈る相手は職場の上司や取引先など仕事関係や親戚になると思いますが 子供が結婚して、義娘や義息子との縁ができた …

結婚式の留袖着付けに心付けは必要?しないケースはある?

結婚式などで感謝の印として渡す心付けは、 日常生活ではほとんどすることのないものなので、馴染みがない方も多いと思います。 私もそうでした。 「結婚式で留袖を着ることになったら心づけを渡しましょう」 と …

留袖ドレスを母親が結婚式に着るのはアリ?

わが子の新しい人生の門出、結婚式。 新郎新婦の母親として出席するなら、 衣装はやっぱり日本の第一礼装といわれる黒留袖ですよね。 でも帯が苦しいんだよなぁ・・・着付け大変だし・・・ なんて思いません?? …

結婚指輪を指以外につけて持ち歩きするときのおすすめのやり方!

結婚指輪といえば、左手薬指につけるもの、という考えが一般的です。 相手が既婚者かどうか判断するのに相手の左手薬指をチラ見する、 なんて方も少なくありません。 ですが、仕事の都合上、指輪ができない職種や …

結婚式で留袖を着る兄弟は色や柄で気を付けることってある?

正直言うと、結婚式に招待されても、 開催主がお友達や会社の人のものであれば招待される立場だし、 服装もせいぜい、 「花嫁の衣装と被らないよう白っぽい色は避ける」 とか 「露出を控える」 といった程度で …

スポンサーリンク

スポンサードリンク



検索

ご訪問ありがとうございます。
管理人の鳥海です。

このブログは日常の中で気になったこと
疑問に思ったこと等を記事にしています

お役に立ちましたら幸いです。