Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

プールでメイクと眉毛消えるかも 化粧が落ちないおすすめの方法は?

投稿日:

プールでメイクと眉毛消えるかも 化粧が落ちないおすすめの方法は?

夏はプールに海、楽しい事がたくさんありますが、
プールも海もメイク命!!の女性にとって危険な季節ですよね。

「思いっきり水遊びはしたいけど、
彼氏や友達にスッピン披露!!なんて絶対イヤだ~」

そんな女性たちの声が聞こえてくるようです。
わかりますよ~、私もそうですから。

水に加えて汗もかいてしまうので、
バッチリメイクして行っても鏡を見るたびガーン!となります。

バッチリメイクしたてのままとまでは言わないけど、
落ちないメイク方法があるなら知りたいですよね。

 

スポンサーリンク

プールでメイクが落ちないようにすることってできる?

プールに行くときのメイクでおすすめのやり方は?

パッチリ二重で、眉毛もしっかり生えていて、
日ごろからスッピンで大丈夫!

って人なら、プールでザブザブ泳げるのにな~と
何度羨ましく思ったことか・・・。

私は変な奥二重で薄眉毛。
日ごろから、アイプチ・アイライン・つけまつげをしています。

プールや海なんかとても危険な場所なんですが、
困った事に大好きなんですよね~。

じゃあメイクしないまま行くのか、というと、
メイクはもちろんしていきます。

プールでのメイクは、
水泳選手のようにずっと顔をつけて泳ぐような本格的な水泳でないかぎり、
メイク前の基礎やメイクの仕方、使う化粧品などで
随分と落ちにくくする事は可能です。

水で化粧が落ちにくくするためには、
ファンデーションなどのベースメイクは基礎作りが大事です。
眉毛やアイメイクは全てウォータープルーフなどを使う事によって
出来上がりは大分違ってきますよ。

その他、まつ毛はエクステ、眉毛はティントなどを利用すると、
落ちる心配もありませんね。

スポンサーリンク

プールに行くときのメイクでおすすめのやり方は?

プールに行くときのメイクでおすすめのやり方は?

まず、何よりも基礎が大事です。

保湿を念入りにしましょう。
しっかり保湿する事で、ファンデーションとお肌の密着性を高めます。

スポンサーリンク

できることなら、顔の産毛は綺麗に剃っておいた方が
密着性をより強めます。

下地・日焼け止め

ハンドプレスして、肌によくなじませます。

日焼け止めまで終わったら、軽くティッシュオフしましょう。
このティッシュオフは無駄な油や化粧品をとってくれます。

ベースメイク

ベースは薄~く塗って下さい。
たくさん塗ってしまうとよれたり化粧崩れをおこしやすくなります。
ベースを塗った後も余分な油をとるために、
ティッシュオフして下さいね。

このティッシュオフは本当におすすめです。
するとしないとでは、全然違います!!

ベースの後のパウダーは
汗・皮脂を吸収する役目があるので、たっぷり塗って下さい。

眉毛

眉毛はウォータープルーフのアイブロウでかき、
上からパウダーで軽く押さえます。

そしてもう一度眉毛をかきます。

眉毛 → パウダー → 眉毛

といったようにサンドして下さい。

アイメイク

アイメイクは、目の周りに皮脂が残らないように、
パウダーを隅々までつけてからするようにして下さい。

アイメイクも全てウォータープルーフを使う事をおすすめします。

アイシャドウをつけ、アイライナーでラインをかいた後、
眉毛同様パウダーでサンドしましょう。

アイシャドウ→アイライナー→パウダー→アイライナー

といった感じです。

アイプチやつけまつ毛の接着剤も、ウォータープルーフがあります。
強力な医療用テープに使われるのりで作られた接着剤もあり、
本当に取れにくいですよ。

チーク・口紅

パッと顔色を明るくするチークも外せませんよね。
チークはクリームチークが落ちにくいと言われています。
チークの場合もパウダーをサンドすると落ちにくくなります。

口紅もウォータープルーフがあります。
ファンデーションで唇の色を消した後、口紅を塗るようにして下さい。

なんと、口紅にも口紅ティントがあるそうです。
これはいいですね!

まとめ

落ちにくいメイクのやり方を紹介しましたが、
ベースメイクは基礎を念入りに。

とにかく保湿とティッシュオフが大事です。

ポイントメイクは、
パウダーとサンドする事によって落ちにくく仕上げる事ができます。

後は、暑いので余計な汗をかかないように、

  • 直射日光を顔に当てない
  • 首元を冷やす

などをして、思い切り楽しんで下さいね。

 

スポンサーリンク

-
-,

おすすめ記事と広告

関連記事

日焼けの赤みが引かない!何日で消える?抑えるにはどうしたらいい?

  夏は海にプールにバーベキュー、外での楽しい遊びがたくさんありますね。 「あ~今日も楽しかった~」と家に帰って来て、 鏡を見たら顔や体が真っ赤っか!! そして何だかヒリヒリ!! そんな経験 …

麦わら帽子の汗染みを防ぐ手入れのやり方は?汗対策も重要!

  あなたは麦わら帽子を持っていますか? 夏といえば、涼し気に見える麦わら帽子をイメージする方も多いです。 一言に麦わら帽子といっても、種類が豊富でおしゃれなものがたくさんあり、 ついついお …

海水浴は雨の場合中止?雨の後や次の日なら行っても大丈夫?

雨が降ったときには海水浴は中止すべきでしょうか。 雨が降っているから、とすべて中止にするのも残念ですよね。 前々から予定していた日に重なると特に、その気持ちも一層。 ちょっとくらいの雨なら大した影響も …

海水浴に一人で行くことになったあなた!不安を解消して思いっきり楽しむには?

夏といえば海! 夏になると海に行きたくなりますよね! でも友達や家族となかなか予定が合わないし・・・なんてときは 思い切って一人で行ってみるのもいいものですよね。 今はディズニーランドもおひとりさまが …

夏バテ対策で効果大の食べ物はどんな野菜?上手い料理法は?

今年になってから早くも3月になり、気づくと夏の季節がやってきます。 毎年夏は夏バテ気味という方も多いのではないでしょうか。 今年の夏こそは、夏バテにならないよう対策法を知っておきたいですね。 &nbs …

スポンサーリンク

スポンサードリンク



検索

ご訪問ありがとうございます。
管理人の鳥海です。

このブログは日常の中で気になったこと
疑問に思ったこと等を記事にしています

お役に立ちましたら幸いです。