結婚式

結婚式の留袖着付けに心付けは必要?しないケースはある?

投稿日:

結婚式の留袖着付けに心付けは必要?しないケースはある?

結婚式などで感謝の印として渡す心付けは、
日常生活ではほとんどすることのないものなので、馴染みがない方も多いと思います。
私もそうでした。

「結婚式で留袖を着ることになったら心づけを渡しましょう」

と書いてあるマナー本もありますが、要らないとする本もあります。
実際のところ、心付けは渡す必要があるものか悩ましいですよね。

そこで今回は心付けの必要性や相場、どのようにして渡すものか、
心づけの基本的なポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

 

結婚式の心付けって絶対必要なもの?

結婚式の心付けって絶対必要なもの?

結婚式に心付けは必ず渡さないといけないのでしょうか。

周りの人に聞いても渡すという人もいれば渡さないという人もいます。
そうなるとどうしていいのか迷ってしまいますよね。

心付けとは

心付けとはそもそも結婚式でお世話になる人たちに
感謝やお世話になる気持ちをあらわすために渡すものです。

 

外国でのレストランで渡すチップと
似ているような印象を受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、
チップはサービスに対してありがとうという気持ちを込めるのに対して
心付けはこれからよろしくお願いしますという気持ちが込められているので
意味合いが違います

心付けは気持ち

結婚式で心付けを必ず渡さないといけないと思う人もいるように、
心付けは気持ちの発露ですので必ず渡す必要はありません

また心付けを渡さないことでサービスがいい加減に
なってしまうのではという不安から渡そうと思う方もいるかもしれませんが
渡さないことでサービスが低下することはありません
むしろそれでサービスが落ちるのはプロ失格です。
(実際に私は先方からそう言われました)

心付けの相場はどれくらいが一般的?

心付けを渡す際に困ることが金額ですよね。

相場が分からないとどれくらい渡せばいいのかが分かりません。
心付けは大体いくらくらい渡すものなのでしょうか?

心付けの相場

着付けスタッフに渡す心付けの相場は3,000円〜10,000円です。

 

渡す金額は3,000円や5,000円などはキリがいいので
このあたりの金額で渡すことが多いです。

心付けは誰が用意する?

心付けの費用は基本的には両家親が折半で負担することが多いですが
新婦側だけがお世話になる場合は新婦側のみ負担するのが一般的です。

 

心付けはいつ渡すのが正しい?

心づけを渡すタイミングは挙式前にすることが多いです。

挙式前ですと時間に余裕があり、顔合わせなどで会うこともあります。

その際に渡しておくことで忘れることもありませんし、
余裕をもって渡すことが出来ます。

披露宴の後に渡すこともできますが、
披露宴の後は非常にバタバタとしてしまいがちです。

慌てているときは渡しづらいので出来るだけ挙式前に渡すようにしてください。

どのようにして渡すの?

心付けをどのようにして渡すのか、判断が難しいところだと思いますが
お母さんからスタッフに渡すのがスムーズです。

心付けを渡す前に用意すること

心付けを当日に用意しようとしても必ず慌ててしまいます。

ですが前もって用意することで慌てることもありません。
心付けを渡す前に用意するときのポイントをご紹介します。

新券の用意

心付けは必ず新券を用意して渡すようにしてください。

新券を用意することで前もって準備をしていましたという
気持ちを相手に伝えることができます。

入れ物の用意

心付けのお札を何にも包まず、裸のままで渡すのは非常に失礼であり、不恰好でもあります。

ポチ袋を用意してその中に入れて渡すようにしてください。

メモ帳の用意

ポチ袋には名前を書きません。

ただ、名前を書かないのでどれが誰への心づけか間違えやすくなりがちなのは確かです。

誤って渡すのを防ぐためにポチ袋の上に付箋をはるなど、
見分けがつくようにしてくださいね。

スポンサーリンク

結婚式で心付けをしないケースってどういうとき?

結婚式で心付けをしないケースってどういうとき?
心付けを渡すことが一般的とされていますが
渡さないケースももちろんあります。

見積もりにサービス料と入っている場合

結婚式を行う前に見積もりを渡されますよね。

見積もりの中には結婚式で使用する場所や衣装などの
料金以外にサービス料と明記されている場合があります。

サービス料は心付けと意味合いがほとんど同じものです。
ですので見積もりにサービス料があれば前もって心付けを
渡しているのと同じですので渡す必要はありません。

サービス料を取るのはホテルウェディングの場合が多いですね。
私はホテルで披露宴を行い、心づけを渡そうと思いましたが、
サービス料に含まれているから不要、と担当に断られました。

事前に断られた場合

一昔前では心付けを渡すことが当たり前でしたが
現在ではホテルや結婚式場で心づけをもらうことによるトラブルを
懸念して、もらわないようにしているところも多くなっています。

ですので心付けを渡すことを断られた場合には
無理に渡さないようにしてください。

お金以外での心付け

最近では心付けを渡しても受け取ってもらえない場合も多くなってきました。

ですがどうしても心付けを渡したいと思う人もいると思います。
そんなときはお金ではなく物で渡すのもアリです。

お菓子

現金ですと受け取ってもらえない場合もありますがお菓子などの
形に残らないものですと案外すんなりと受け取ってもらえます。

新郎もしくは新婦側の特産のお菓子や有名店のお菓子を
渡すと喜ばれることが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

心付けは必ずしも渡す必要はないのですが感謝の気持ちとして
渡しておくほうが良いかと思います。

また心付けを渡す際にはただ単に渡すのではなく
感謝の気持ちを添えて渡してあげてくださいね。

 

スポンサーリンク

-結婚式
-,

おすすめ記事と広告

関連記事

留袖ドレスを母親が結婚式に着るのはアリ?

わが子の新しい人生の門出、結婚式。 新郎新婦の母親として出席するなら、 衣装はやっぱり日本の第一礼装といわれる黒留袖ですよね。 でも帯が苦しいんだよなぁ・・・着付け大変だし・・・ なんて思いません?? …

結婚式で留袖を着ないのは常識外れ?留袖以外を着てもいい?

結婚式で見かける黒い留袖。 上品で華やか、美しく凛とした印象を受けます。 留袖とは既婚女性の正礼服であり、 黒留袖は結婚式や披露宴に出席する親族女性の礼装服とされています。 結婚式での親族は、ゲストを …

結婚したら両家親はお中元やお歳暮を両親同士贈り合うのが一般的?!

日頃お世話になっている方へ、お中元やお歳暮を贈る方も多いのではないでしょうか。 多くの場合、贈る相手は職場の上司や取引先など仕事関係や親戚になると思いますが 子供が結婚して、義娘や義息子との縁ができた …

結婚式で留袖を着る兄弟は色や柄で気を付けることってある?

正直言うと、結婚式に招待されても、 開催主がお友達や会社の人のものであれば招待される立場だし、 服装もせいぜい、 「花嫁の衣装と被らないよう白っぽい色は避ける」 とか 「露出を控える」 といった程度で …

結婚式の留袖は指輪を外す?ネイルやピアスなどのアクセサリーはNG?

親族の結婚式で留袖を着ることになったけど、マナーが全然わからない! そんなことありませんか? 現代は着物を着る習慣もなければ、着物離れが進んできていて、 なかなか着る機会もないのでわからないことの方が …

スポンサーリンク

スポンサードリンク



検索

ご訪問ありがとうございます。
管理人の鳥海です。

このブログは日常の中で気になったこと
疑問に思ったこと等を記事にしています

お役に立ちましたら幸いです。