結婚指輪にステンレスは危険?サージカルステンレスのデメリットや錆びる可能性は?

結婚指輪にステンレスもあり!?指輪のデメリットは?錆びることはないの?

昔は結婚指輪というと、

ゴールド、シルバー、プラチナ

が定番でした。
でも最近はこれ以外の金属にもステンレスやチタン、真鍮など
その金属ならではの独特の色味を活かしたおしゃれなデザインの指輪が増え、
様々な種類の金属で結婚指輪を作る方が増えています。

普段身に着ける結婚指輪だからこそ、
やっぱり気に入るデザインのものをつけたいですが、
作る前に身に着けていて大丈夫なのか不安になりますよね。

そこで今回は金、銀、白金以外で作られている金属の中でも、
錆びにくい、頑丈だと言われている「ステンレス」について
指輪を作る前に知っておくべき危険性と、
メリット・デメリットについてお話したいと思います。

こちらではサージカルステンレスでアクセサリーを作る場合の
デメリットや危険性についてご紹介しています。

サージカルステンレスで作る指輪やピアスのデメリットとは?ステンレスとの違いに注意
最近は金属アレルギーなど肌が弱い方でも身に着けられる金属としてサージカルステンレスが人気です。ですが、サージカルステンレスには知っておいた方がいいデメリットがあります。今回、サージカルステンレスでアクセサリーを作るデメリット・危険性をご紹介します。

 

ちなみにチタンで指輪を作ることも検討されている方は
こちらも参考までにご覧ください。

チタンで作る結婚指輪の危険性とは?デメリットとメリットを紹介
チタンは硬さと安さから若い新婚夫婦に人気ですが、あらかじめ知っておいた方が良い危険性があります。今回はチタンで作る指輪のデメリットとメリットについてお話します。チタンの結婚指輪を検討されている方はご参考ください。

 

スポンサーリンク

 

 

結婚指輪をステンレスで作る人はどういう人?

ステンレスは、ゴールド、シルバー、プラチナに比べ、

  • 安い
  • 傷がつきにくい
  • 金属アレルギーでも身につけられる

こういった点が優れているものとして注目を浴びています。

ステンレスといえばスプーンやフォーク、鍋など
私たちの生活にとっても身近な金属です。

そんな身近な存在であるステンレスを結婚指輪としてつけている方は、
ゴールドやプラチナなどに比べると多くはありませんが少なからずいらっしゃいます。

ステンレスの結婚指輪に決めた方の理由としては

  • 本物の結婚指輪はなくしたり汚したりする可能性があるので
    普段使い用の結婚指輪として購入
  • 金属アレルギーでステンレスなら身につけられるから
  • 仕事上、ある程度硬度のある物でなければ不安だから
  • どうせ普段は身につけないし、
    結婚式で使ったら飾るだけになるから安物がいい

といったことが挙げられます。

多くはありませんが、ステンレスの指輪を作っている人はいるので、
結婚指輪がステンレスだからといって、
特に周囲から非難はありません。

ステンレスで指輪を作るメリットは?

安い

金銭的価値で比較すると、

スチール < ステンレス < シルバー < ゴールド < プラチナ

となるので、ゴールドなどの指輪に比べてステンレスは安価です。

高価な指輪を作るのは難しいという人に人気があります。

 

傷がつきにくい

ステンレスは硬いので傷がつきにくいです。

全く傷がつかない訳ではありませんが、
余程の力を加えない限り問題ありません。

仕事柄、指輪に傷がつきやすい人から好評です。

金属アレルギーでも身につけられる

一般的にアレルギーの出にくさは

  • K24(純金)
  • Pt1000(純プラチナ)
  • 純チタン
  • ステンレス
  • 純以外の金・銀・白金

となります。

純度が高いゴールドなどはステンレスよりアレルギーが出にくいですが、
その分高価ですし、取り扱いのない店もあります。

相場の指輪は少量でも他の金属と混ざっているものの方が多く、
そうなると純度が落ちる分、ステンレスの方がアレルギーは出にくいです。

結婚指輪を身に着けたいけど金属アレルギーが怖いから
なるべくアレルギー反応が出にくいもので作りたい人からも選ばれています。

指輪がステンレスなら錆びることはない?

安価で表面が傷つきにくく、硬度があるステンレス。
これ以外にも「錆びにくい」特徴があります。

それじゃあ結婚指輪にしても錆びないのかというと、そうでもありません。

ステンレスと言っても色々な種類があります。
安すぎるステンレスの中には海水で錆びるものもあるので
必ずしもステンレスなら錆びないということはありませんので、
気を付けてください。

ちなみに海水で錆びるのは水中の塩分が影響しています。

 

では錆びないステンレスは何かというと、
SUS316Lと呼ばれる、

「サージカルステンレス」

です。

サージカルステンレスは耐蝕性が高く、
磁性がないので、医療器具に使われている金属です。

指輪を絶対錆びさせたくない人はこちらがおすすめです。

ですが、ステンレスの指輪の中でも高価になります。
ステンレスの安価なところがいいという人には不向きかもしれません。

ちなみに、
このステンレスの錆にくい特性にあやかって

「錆びない関係でいたいから指輪を交換しよう」

なんて誓いもあるようです。

スポンサーリンク

指輪をステンレスにしたときの危険性は?デメリットは何か?

これまでステンレスのメリットについて触れてきましたが、
もちろんデメリットもあります。

  • 扱っている店舗が多くない
  • サイズ調整がしづらい
  • 傷が付いたらそこから錆ができる可能性がある
  • シンプルなデザインが多い
  • 緊急時に外せない可能性がある

 

取り扱い店舗が少ない

ステンレスを結婚指輪として取り扱っているお店は
ゴールドなどに比べると多くありません。

 

サイズ調整がしづらい

ステンレスは硬い分、サイズ変更もしづらい面があります。

全くできない訳ではありませんが、
店舗によって受け付けていないケースもあります。

場合によっては新しく買った方が安いこともありえます。

 

傷が付いたらそこから錆ができる可能性がある

基本的には傷はつかないステンレスですが、
傷がついた場合、磨いて対応できるプラチナやシルバーと異なり、
基本的に傷ついたそのままで使うことになります。

なので、大きな傷だとそこから錆びが進行する場合もあります。

 

シンプルなデザインが多い

ステンレスは硬い分、デザインの凝ったものは加工しづらく、
シンプルなデザインになることが多いです。

凝ったデザインにしようとすると、
かえってゴールドやシルバーより高くなる可能性もあります。

 

緊急時に外せない可能性がある

これが一番のデメリットであり危険事項です。

ゴールドやシルバーなどは指から外れなくなってしまった場合、
消防署などで切断してもらえます。

ですがステンレスの場合、
その硬さから消防署などで置いている切断器具で切ることが出来ません。

実際に、指がむくんだので外そうと思ったのに外せず、
無理にいじったためうっ血してしまって指が腫れ上がった方がいました。

救急で診てもらったものの、
病院ではステンレスを切断するための器具がないとのことで
歯医者の歯を削るための機械で切断したようです。
切断時に生じる熱で酷い激痛だったそうです。

むくんだりして指輪が抜けなくなることは誰しもありえる話なので、
普段から身につける方でもむくみやすい人は避けた方が無難だと思います。

 

ステンレスの指輪まとめ

最近、結婚指輪としても注目を浴びているステンレスには、
安価で硬く、さびにくいメリットがあります。

一方で、その硬さが原因となって、
指から外れなくなるが対処できないなどのトラブルもあります。

指輪を身につける機会が限られているならば良いですが、
普段使いにするには万が一のときに切断できるかどうかが不安ですので、
正直あまりお勧めはできないと思います。

とはいえ特別な時だけ身に着けたり、
チェーンで首から下げるなど、
身に着け方・用途によっては問題ありませんので、
自分がどういう目的でどう使うのか考えた上で判断されると良いでしょう。

こちらではサージカルステンレスでアクセサリーを作る場合の
デメリットや危険性についてご紹介しています。

サージカルステンレスで作る指輪やピアスのデメリットとは?ステンレスとの違いに注意
最近は金属アレルギーなど肌が弱い方でも身に着けられる金属としてサージカルステンレスが人気です。ですが、サージカルステンレスには知っておいた方がいいデメリットがあります。今回、サージカルステンレスでアクセサリーを作るデメリット・危険性をご紹介します。

 

他の金属でも指輪を作ることを検討されている方は、
よろしければこちらもご参考ください。

チタンで作る結婚指輪の危険性とは?デメリットとメリットを紹介
チタンは硬さと安さから若い新婚夫婦に人気ですが、あらかじめ知っておいた方が良い危険性があります。今回はチタンで作る指輪のデメリットとメリットについてお話します。チタンの結婚指輪を検討されている方はご参考ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました