バレンタイン

バレンタインにチョコ以外渡すなら意味に注意!義理のおすすめと相場は?

投稿日:2017年11月8日 更新日:

バレンタインにチョコ以外渡すなら意味に注意!義理のおすすめと相場は?

バレンタインが近づいてくると、
街中も大々的に広告を出して賑わってきますよね。

バレンタインデーには日頃の感謝を込めて、
お世話になった方へチョコを贈る方も多いです。

中には、甘いものやチョコが苦手な方へキャンディなど
チョコ以外のお菓子を検討されるケースもあると思います。

お礼として贈るものなのだから相手の口に合うものを渡したいですよね。

ですが、
バレンタインデーにおいてお菓子にはそれぞれ意味があります。

知らずに選んで渡すと、困った事態に陥ってしまうことがあるんです。

実際に私自身、
義理の方へ「感謝」のつもりで渡したのに
本命への「好意」の意味で贈った状態になってしまったことがありました・・・。
しばらく大変きまずかったです。

そんな事態もお菓子の意味について知っていれば防げる話です。

今回はお菓子の意味と、
義理の相手に渡すときのおすすめと相場の3つをご紹介します。

ぜひご参考くださればと思います。

 

スポンサーリンク

 

バレンタインにチョコ以外を渡すなら込められる意味に注意

一般的にはバレンタインというとチョコレートですが、
今ではチョコレート以外を贈るケースも少なくありません。

もちろん受け取る側が意味を知らない可能性もありますが、
なるべくトラブルに発展させないように
贈る側が意味を理解しておくと良いでしょう。

ではどんな意味があるかというと、

  • チョコレート「(特に意味はない)」
  • キャンディ「あなたが好き」
  • クッキー「あなたは友達」
  • マシュマロ「あなたが嫌い」
  • マカロン「あなたは特別」
  • キャラメル「一緒に居ると安心する」
  • マロングラッセ「永遠の愛を誓う証」
  • ティラミス「私を励まして」

というように、意味が込められているお菓子が結構多いですね。

意外なことにチョコレートには意味がないんです。
なのでチョコレートは本命・義理のどちらにも安心して贈れる万能なお菓子です。

また、ケーキとラスクも特に意味が込められていないお菓子です。
なのでチョコレートが苦手な方にはケーキやラスクを渡すのもお勧めです。

逆に手軽に贈れそうなクッキーやキャンディは
それぞれ「友達」「好き」といった意味があります。

意味から考えると、

 

本命相手なら

チョコレート「(特に意味はない)」
キャンディ「あなたが好き」
マカロン「あなたは特別」
キャラメル「一緒に居ると安心する」
ラスク「(特に意味はない)」
ケーキ「(特に意味はない)」

 

義理相手なら

チョコレート「(特に意味はない)」
クッキー「あなたは友達」
ラスク「(特に意味はない)」
ケーキ「(特に意味はない)」

 

あたりを贈るのが良いかと思います。

ティラミス「私を励まして」
キャラメル「一緒に居ると安心する」

この2つは本命・義理のどちらにしても、
相手との間柄によるケースバイケースですね。

時期的にホットチョコに入れても美味しいマシュマロも選びがちですが、

マシュマロ「あなたが嫌い」

という意味である以上、
あまりプレゼントに向かないので避けた方が無難です。

本命相手に「嫌い」を、
義理相手に「特別な好き」を
贈ったりしないように注意してください。

 

バレンタインの義理でおすすめなやり方って?

義理で渡すとき、相手が複数いる場合は
たとえ安価なものでも金額が膨らむので一人一人に用意するのは難しいですよね。

そういうケースでは、
「一人当たりの単価を下げて個別に用意する」より
「一つのものを皆に分けて渡す」方法がお勧めです。

個別に用意されたものだと、
義理であっても受け取る側は構えてしまうことがあります。

たとえば「ブラックサンダー」のファミリーパックなど
受け取る側も気楽に取れますし、渡す側も気負わず済む一つの手です。

それじゃあちょっと安すぎるから気が引ける、なんて場合は
デパートなどのバレンタインフェアで扱われているチョコパックも良いと思います。

手作りするなら、
1度にたくさん作ることができるクッキーも良いですね。
甘さを調整できるので、甘いものが苦手な方にも渡せます。

他にもパウンドケーキやブラウニーなども好まれています。
いずれにしても手作りの場合は
失敗して直前にドタバタしないように、事前に練習することをお勧めします。

スポンサーリンク

バレンタイン相場は義理のときどれくらい?

義理の相場は大体500円から1,000円前後が多いです。
1,500円を超えるのは、義理としては高価と認識されています。

人数が多いほど一人当たりの単価が低い傾向です。
十人を超える場合は一人当たり300円でも高い、という意見が多いです。

今挙げた価格は大体個別に贈る場合なので、
手作りする場合の相場はこれよりもう少し低くなります。

 

バレンタイン義理のまとめ

バレンタインに渡すお菓子には意味が込められているものが多くあります。
何気なく選んだお菓子が全く違う意図で受け取られてしまうと
とても残念なことになってしまうので、
意味を頭の片隅に留めておいた上でお菓子を選びましょう。

ちなみに、間違えて気持ちとは異なる意味のお菓子を渡してしまった時は、
メッセージカードを添えるか、渡す時に言葉を添えるようにして、
誤解されないようにしましょう。

義理の場合は個別に贈るのも良いですが、
まとめて一つを贈って分ける方法も多いです。

相手との関係性にもよりますが、
無理ない範囲で相手に喜んでもらえるお菓子を選べると良いですね。

スポンサーリンク

-バレンタイン
-

関連記事

バレンタインに義両親や義兄弟に渡す?チョコの相場は義理だとどのくらい?

バレンタインに義両親や義兄弟に渡す?チョコの相場は義理だとどのくらい?

バレンタインが近づいてくると 「誰に渡すか」問題で頭を悩ます方もいらっしゃるのではないでしょうか。 結婚して初めて迎える2月、 新たに縁を結んだ義理の両親に対して、 結婚に至るまでにお世話になったお礼 …

スポンサーリンク

スポンサードリンク



検索

ご訪問ありがとうございます。
管理人の鳥海です。

このブログは日常の中で気になったこと
疑問に思ったこと等を記事にしています

お役に立ちましたら幸いです。