【インナーカラーを40代がするのは痛いか】流行り終わったのか ださいと言われる理由!ショートやボブ、セミロングなど上品見えの似合う髪型やセルフでできるのか紹介!




数年前から女性の間で大流行しているインナーカラー。

全体をブリーチするわけではないので

髪の毛が傷みにくくケアしやすいのも人気の秘訣です。

 

そんなインナーカラーですが流行も終わりに近づき

インナカラーを試してみたいけれど

ダサいと思われるのではないかと

気にしている方もいるのではないでしょうか。

 

実際には40代のインナーカラーはまだ流行真っただ中です。

ただし、次のような場合にはおばさんっぽく見えてダサいと思われるケースが多いです。

・ヘアスタイルが変わらずインナーカラーだけが派手な色

・カラーとメイク・服装がアンバランス

・髪のケア不足

 

今回は40代でインナーカラーに挑戦するのはイタいのか

またインナーカラーを取り入れるのに

上品に見える髪型やセルフカラーのやり方について

紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

インナーカラーを40代がするのは痛い・流行り終わったのは本当か

結論からインナーカラーはまだ流行の真っ只中で

流行が終わったとはいえません。

 

しかしカラーリングの箇所を間違ったり

色を選び間違えてしまうと

40代ではおばさんっぽく見えてしまったり

ダサくてイタいという印象を与えることがあるようです。

 

具体的には

・ヘアスタイルが変わらずインナーカラーだけが派手な色

・カラーとメイク・服装がアンバランス

・髪のケア不足

だとおばさんっぽくなってしまいます。

 

40代ははっきりした色合いのリップカラーやアイシャドウを塗ると

ケバケバしい印象を与えてしまいます。

 

そのためよりナチュラルに

落ち着いたメイクを好む方が多いのではないでしょうか。

 

服装もメイク同様、落ち着いた印象のある服装を好み

派手な服装からは遠ざかっている人がほとんどではないでしょうか。

実はここにイタくなるポイントが隠されているのです。

 

ヘアスタイルが変わらずインナーカラーだけが派手な色

40代になると自分の似合うヘアスタイルが分かってくるので

好んでいつも同じ髪型にする人が多いと思います。

 

あまり冒険せず髪型を固定するのは楽でいいのですが

そのヘアスタイルにインナーカラーだけを入れてしまうと

垢抜けた感じが出なくなってしまいます。

 

また、40代としての落ち着きを少しでも出したくて

全体のカラーリングも暗めの色を選んでしまいがちです。

そうするとインナーカラーだけが浮いてしまい

おしゃれな印象からはほど遠くなってしまいます。

 

インナーカラーに挑戦するときは

いつもの自分の殻を破るイメージで

新しいヘアスタイルや髪色に挑戦してみましょう。

 

カラーとメイク・服装がアンバランス

インナーカラーは髪の毛をブリーチして明るい色を入れますよね。

そのためメイクと服装は地味なのに

髪の毛の色だけが派手になってしまうことになります。

 

つまりインナーカラーと服装・メイクのバランスが取れておらず

髪の毛だけが浮いてしまい

ダサい・イタい印象を作り上げてしまうのです。

 

髪のケア不足

40代になると髪の毛の艶が減ってきます。

また長年のカラーリングの影響で

さらにパサつきが気になる方も少なくないでしょう。

 

その状態でインナーカラーを入れてしまうと

清潔感がなくなってしまい

垢抜けた印象を受けなくなってしまいます。

 

そのためインナーからーに挑戦する際は

いつも以上にケアを怠らないことが重要なのです。

 

10代~20代では赤や紫、緑や青などといった派手な色で

インナーカラーを楽しむのが流行していますよね。

しかし40代ではシンプルな色合いの方が

より洗練されたおしゃれな印象になります。

 

以下ではそれぞれの髪の長さ別で似合うカラーについて

紹介していきたいと思います。




【インナーカラー 40代で似合う色】ショートで上品に見える色

インナーカラーを隠す毛束が少ないショートの場合

上品に仕上げるにはインナーカラーを少なめに入れることがおすすめです。

ベージュ系

ベージュ系はどんな髪型にも合う色ですが

ショコラベージュをベースに

ポイントでミルクティーベージュをインナーカラーで入れる

おしゃれ度が格段にアップするのでおすすめですよ。

 

黒髪

黒髪と相性が良いインナーカラーはネイビー系のヘアカラーです。

耳周りに入れるだけでも印象が変わり上品に仕上がります。

ネイビー系は光が当たるとわかりやすいカラーですが

通常は目立ちにくいので仕事をしている方にもわりとおすすめです。

 

ピンク系

スタイリングなしでも綺麗なシルエットが作りやすいので

とても人気なのが高い位置に丸みがあるショートです。

このおなじみのヘアスタイルもインナーカラーで

周りの人と差をつけてしまいましょう。

このヘアスタイルに合う色はなんとピンクです。

40代にとっては少々勇気が必要な色かもしれませんが

トーンを落として深みのあるピンクにすることで

40代にもマッチするおしゃれなインナーからーに仕上がりますよ。

 




【インナーカラー 40代で似合う色】ボブで上品に見える色

ボブ程度髪の毛が伸びていると

少し髪型も遊べるのでショートよりも

バリエーションが豊かになってきます。

ミルクティーベージュ

ミルクティーベージュはどんな髪型にも似合う定番のカラーです。

40代にとっては明るめのヘアカラーでも上品に見せるために

とても便利なヘアカラーだと言えますよ。

濃いめのミルクティーベージュと

ハイトーンのミルクティーベージュで

インナーカラーを入れればおしゃれで上品な印象になります。

ピンク系

いつものボブヘアに飽きた方は

今流行りのウルフカットに

挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

ウルフカットの襟足の部分に

ピンク系のインナーカラーを入れると

ワンランクアップしたおしゃれを楽しむことが出来ますよ。

 

その際もショート同様深みのある

落ち着いたピンク色を選択することがポイントです。

 

 

【インナーカラー 40代で似合う色】セミロングで上品に見える色

アレンジがしやすくケアもしやすい

セミロングにしている女性は

最も多いのではないでしょうか。

そんな女性に似合うインナーカラーは以下になります。

オレンジブラウン

オレンジブラウンを耳周りにだけちょっといれるだけでも

顔周りの印象が明るくなり雰囲気もがらりと変わりますよ。

グレー系

40代の女性と相性が良いのは意外にも青です。

黒髪と青みがかったグレー系のインナーカラーを合わせることで

おしゃれに見せることができます。

グレー系は少し他の色とは違い

少し明るめにオーダーすることがポイントです。

少し明るめでも

落ち着いた印象は残すことが出来るので

安心してくださいね。

ラベンダー系

ラベンダー系は透明感がでやすいので人気の色です。

少しだけグレー系の色と混ぜると40代でも落ち着いた

おしゃれな印象を与えることが出来ます。

 

しかしラベンダー系は明るすぎたりすると

白髪染めに失敗したおばさんのようになってしまうので

注意が必要です。

耳周りに少しだけ落ち着いたラベンダー系の色を入れることを

おすすめしますよ。




【インナーカラー 40代で似合う色】ロングで上品に見える色

ミルクティーベージュ

遊び心を加えるのであれば

断然ミルクティーベージュがおすすめです。

ベースカラーとのコントラストは控えめにすると

派手に見えずに奥行きのある髪型に仕上がります。

セピアグレージュ

ナチュラルだけど40代にしか出せない

大人の色気を引き立たせてくれるのは

セピアグレージュです。

 

深みのある色なので悪目立ちせずに

大人の上品な雰囲気を出してくれますよ。

ハイライトのように同系色のインナーカラーと合わせれば

さりげなさが演出されて

おしゃれなこなれ感を引き出すことが出来ます。

マロンベージュ

40代のトレンドカラーであるマロンベージュ。

温かみのあるブラウンで

優しくフェミニンな印象を与えてくれます。

 

マロンベージュと相性が良いインナーカラーは

ハイトーングレージュです。

髪を耳にかけたときにさりげなく見えるグレージュは

垢抜け感がでて好印象です。

落ち着いた印象があるので通勤コーデとも相性が良いですよ。




まとめ

40代でも流行りにはのりたいですし

まだまだおしゃれでいたいですよね。

しかし10代、20代と同じように

おしゃれを楽しむのではなく

 

40代の今しか出来ないおしゃれを楽しみましょうね。




タイトルとURLをコピーしました