【酒粕を食べ続けた結果得られる肌への効果効能】そのまま食べるのはアリか 効果はいつから出るか 効果的な食べ方を紹介!




米麹で作られた甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれ、幅広い世代で人気となっていますが、同じく甘酒の材料となる酒粕には効果がないのでしょうか…。

いえいえ、そんなことはありません!酒粕は美容効果をはじめ、素晴らしい効能を持つ食品だったんです!

中でも肌への効果は抜群で、しっとりツヤツヤな美肌を目指すことができますよ!

それでは、酒粕の効果効能について詳しくお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

酒粕食べ続けた結果どうなるか

酒粕を食べ続けると美肌になれます!

酒粕には肌をキレイにしてくれる以下のような栄養素・物質が含まれているんです。

・ビタミンB群
肌の代謝を促進し、調子を整えてくれます。・食物繊維
肌荒れの原因となる便秘を解消する効果があります。・「α-EG」
「α-EG」という物質は肌細胞のコラーゲン生成を促進し、 肌のキメを整えてハリのある肌へ導きます。・「アルブチン」
シミ・そばかすの原因となる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻止してくれるため、美白効果があるといわれています。

日本酒の蔵で酒造りの責任者をつとめるリーダー、杜氏さんの手は白くてきれい、聞いたことありませんか?

麹や酵母に含まれる成分が肌に良いことは昔からよく知られていました。

酒粕は日本酒を作る工程で副産物として生まれるものなので、麹や酵母に由来する栄養素を多く含んでいます。そのため、杜氏さんの手と同じような効果が得られるということですね。




酒粕の効果効能とは

酒粕にはビタミンB群、食物繊維、亜鉛、葉酸、各種ミネラルなど、たくさんの栄養素が含まれていて、美容効果以外にもたくさんの効能があります。

・ダイエット効果

・血圧上昇の抑制

・血流の改善

・血流の改善

・骨粗しょう症の予防

・アレルギー体質の改善

こんなに優秀な食品と知ったら、いますぐ食べたくなってきてしまいますよね。

ダイエット効果

酒粕に含まれる「レジスタントプロテイン」というたんぱく質は、コレステロールから作られる胆汁酸を吸着し、体外への排出を促します。腸内で糖やコレステロールが吸収される前に結合し、余分な糖質や、脂質の吸収を抑えてくれるのでダイエット効果が期待できます。

 

血圧上昇の抑制

血圧上昇に関わるアンジオテンシン変換酵素の働きを抑制する効果が酒粕ペプチドにあることが

わかっています。

 

血流の改善

酒粕ペプチドは血圧上昇を抑制するだけでなく、血流改善にも効果を発揮します。

冷え性の改善をはじめ、脳梗塞や動脈硬化の予防にもつながります。

 

骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症は骨の強度が下がり、ちょっとしたことで骨折しやすくなる病気のことです。加齢とともに分泌されるカプテシンLという物質が関係していると言われています。酒粕はそのカプテシンLの働きを阻害する物質が含まれていることから、骨粗しょう症にも効果的です。

 

アレルギー体質の改善

酒粕ペプチドは、アレルギー症状を引き起こすカテプシンBの働きを抑制し、症状を緩和してくれると言われています。

 

 

次は、酒粕の効果的な食べ方をご紹介していきます。




酒粕をそのまま食べるのでも効果はあるか

酒粕に含まれる酵素は熱に弱く、50度くらいで死滅してしまうと言われています。

そのため、豊富な栄養素を効率よく摂取するためには、酒粕をそのまま食べるのが最適な食べ方と言えるでしょう。

 

ただし、その場合は酒粕のアルコール分に注意が必要です。

アルコール度数は8%前後と言われています。お酒が弱い人なら酔ってしまう可能性もありますね。

酒粕を食べた後は、車の運転は避けたほうが安全でしょう。

加熱調理すればアルコール分を飛ばすことができるので、食べ方を工夫すると良いですね。

 




酒粕の効果的な食べ方

酒粕ととても相性の良い食材があります。それは大豆製品です!

大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」は女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをして、女性の美しさや、若々しさを手助けしてくれます。

酒粕と似たような働きをする成分も多いため、一緒に食べれば、より効果をアップさせることができますよ。

大豆製品の中でも、味噌は酒粕と同じ発酵食品のため、特に相性抜群です。

定番ではありますが、酒粕を入れたお味噌汁が一番おすすめの食べ方です。

 

また、酒粕の効果を得るためには、一日に50gくらい摂取するのが良いとされています。

大さじ3杯くらいですので、色々な料理にアレンジすれば、それほど多い量ではありません。

お気に入りのレシピを見つけてみてくださいね。




酒粕の効果はいつから出るか

酒粕を食べたからといって、すぐに効果が現れるわけではありません。

 

例えば、酒粕ペプチドには医薬品のような急速な血圧降下作用はなく、1~2カ月にわたって緩やかに血圧を低下させると言われています。

 

ダイエット効果にも即効性があるわけではなく、最低3週間ほど続けてみる必要があると思います。継続の先に効果が出てくることが多いようですね。

 

酒粕の成分を含んだ化粧水や石鹸、ハンドクリームなど、様々な商品が売られているので、

効果を感じにくいときは、食べるだけではなく肌から直接取り入れてみるのもおすすめです。




まとめ

今回は酒粕を食べ続けることで得られる効果効能についてご紹介しました。

主に得られる効果は、美容効果、ダイエット効果、血圧上昇の抑制、血流の改善、骨粗しょう症の予防、アレルギー体質の改善ということがわかりましたね。

酒粕の秘めたるパワーにびっくりです。

スーパーでも手に入れやすく、いろいろな料理にアレンジできる食品ですので、毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 




タイトルとURLをコピーしました