【壁寄せテレビスタンドは倒れるのか】設置メリット・買ってみた人の意見から地震のときの転倒防止策やおすすめの商品を紹介




TVCMなどでも話題になっている壁寄せテレビスタンド。

壁に直に付ける必要がない上に、幅をとらないからスマートに置けると人気です。

そんな壁寄せテレビスタンドは次のようなメリットがあります。

・壁に寄せられるからテレビ周りがスッキリする
・壁に穴を開けないから賃貸でも設置可能
・配線もスッキリ!掃除も楽々!

しかし、壁寄せテレビスタンドは地震の時に転倒してしまわないか不安になる方も。

そんなときは、付属されているワイヤーで固定するなどしっかり対策をすれば安心ですよ。

そこで今回は、壁寄せテレビスタンドの転倒防止策をご紹介します。
合わせておすすめの壁寄せテレビスタンドもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

CHECK 壁寄せテレビスタンド(口コミで人気の商品一覧)【楽天市場】

 

スポンサーリンク

壁寄せテレビスタンドは倒れるのか買ってみた人の感想

最近よく見かける「壁寄せテレビスタンド」。

ずっしりと存在感のあるテレビ台を失くし、壁にぴったりと寄せて設置するスリムなテレビスタンドは、「スタイリッシュ」「邪魔にならない」など人気が高いようです。

 

しかし、テレビ台のように土台がどっしり重たい造りではないので、なんだかテレビを乗せるなんて心もとないイメージも。

テレビスタンドごと倒れてしまうのではないか…と不安になってしまう方もいますよね。

 

実は私の親せきが、狭いリビングの幅をとっていた大きなテレビ台を撤去し、最近流行りの壁寄せテレビスタンドを購入しました。

 

実際に遊びに行った際に見させてもらいましたが、とてもスタイリッシュでお部屋自体も広くなった気がしていいなと思ったんです。

ただし、気になるのが耐震面。

叔母曰く、「震度7でも大丈夫」という商品を購入したということで、実際に私も見て観たのですが、思っているほどグラグラすることはなく、しっかりとした造りではありました。

 

ただ、震度7でも大丈夫と謳っていても、やはり心配だということで、付属のワイヤーを使って転倒防止をしていました。

特にマンションの上階に住んでいる方は、大きな地震の際に揺れが大きくなることもあるので揺れ防止策はとっておいた方が良いそうです。

 




壁寄せテレビスタンドのメリット

壁寄せテレビスタンドは、耐震上は問題ないと言われているものの、やはり想像を超えるほどの大地震が起きた場合はわかりませんよね。

それでも壁寄せテレビスタンドを使った方がいいメリットはあるのでしょうか?

 

メリット①【壁に寄せられるからテレビ周りがスッキリする】

壁に寄せて設置できるテレビスタンドは、従来のテレビ台に比べると幅をとらず、スッキリ見せることができます。

手狭に感じたリビングもこれで広々とした空間に見せられますね。

 

また、リビングだけに限らず、ちょっとしたシアタールームやワークスペースにテレビを設置したいときも、狭い室内を有効活用できるという利点もあるでしょう。

 

メリット②【壁に穴を開けないから賃貸でも設置可能】

壁に直に取り付ける場合、テレビの耐荷重を考えて壁を補強するなど下地工事が必要だったり壁に穴を開けたりしなければなりませんから、当然、賃貸では不可能ですよね。

 

しかし、壁寄せテレビスタンドの場合は、基本的に壁に寄せてスタンドを組み立てたものを設置すればいいので、壁に穴を開けたるなどの工事をする必要がありません。

賃貸物件にお住いの方でも設置できるというメリットがあります。

 

メリット③【配線もスッキリ!掃除も楽々!】

大きなテレビ台の場合、重たくて動かしにくく掃除がしにくいというデメリットがありますよね。

しかし、壁寄せテレビスタンドの場合、キャスターが付いているものもあるため、楽々動かすことができます。

掃除も簡単!

 

叔母も言っていましたが、テレビ裏は静電気によりホコリが溜まりやすい箇所ですから、掃除がしやすくなったことは大きなメリットだそうです!

 

さらに、配線を管理するための場所が付いているテレビスタンドなら、ごちゃつきがちな配線もすっきり隠せます。

テレビやDVDデッキ、Wi-Fiなどの配線も見事に隠せるのは嬉しいですね。




壁寄せテレビスタンドの転倒防止・地震対策でお勧めの方法

壁寄せテレビスタンドを万が一の転倒から守りたい場合、どうすればよいでしょうか?

お勧めの方法をご紹介します。

・付属のワイヤーで固定する

・突っ張り棒タイプのテレビスタンドを選ぶ

・テレビスタンドの土台に耐震マットを敷く

 

壁寄せテレビスタンドの転倒防止①【付属のワイヤーで固定する】

壁寄せテレビスタンドには、付属のワイヤーが付いており、壁とテレビスタンドをワイヤーで繋げて倒れないように固定することができます。

 

ただし、固定する壁は強度の強い箇所にする必要があり、賃貸では壁を傷つけてしまうので使えないこともあります。

 

壁寄せテレビスタンドの転倒防止②【突っ張り棒タイプのテレビスタンドを選ぶ】

壁寄せテレビスタンドの中には、突っ張り棒のように天井と床で突っ張って固定するタイプのものもあります。

これなら壁を傷つけず、転倒防止もできて一石二鳥ですね。

 

壁寄せテレビスタンドの転倒防止③【テレビスタンドの土台に耐震マットを敷く】

シリコンなどでできた耐震用のジェルパッドもおすすめです。

テレビスタンドの土台部分に設置すれば床と密着することで滑りや転倒を防止することができます。

これなら比較的手軽にできる対策なので、まずは耐震マットを設置することから始めるのがおすすめですよ。




壁寄せテレビスタンドでおすすめの商品

では具体的に、どんな壁寄せテレビスタンドがおすすめなのでしょうか?

ご紹介します。

 

天然木が美しい!壁寄せテレビスタンド【タンスノゲン】

パイン材をあしらったテレビスタンドは、見た目もスタイリッシュでかつ、ナチュラルな印象。

北欧風のお部屋やナチュラルインテリアのお部屋によく合います。

 

ダークブラウンのカラーを選べば、和モダンなお部屋にもOK!

もちろん、見た目だけでなく機能面も抜群。

転倒防止ワイヤーなども付属されていますから、地震対策も安心です。

 

シンプルイズベストの壁寄せテレビスタンド【WALL】

シンプルなデザインなので、どんなお部屋にもマッチしてしまう壁寄せテレビスタンド。

テレビスタンドの足部分も、床との段差がないので、よりスッキリ見えます。

幅をとらない分、お部屋に圧迫感も与えません。

元気な子供がいる家庭も、車椅子生活をする家族がいる家庭も安心して使えるんですよ。

 

突っ張り棒タイプで耐震面でも安心な壁寄せテレビスタンド【エアリゾームインテリア】

天井と突っ張るタイプとのテレビスタンドなので、気になる耐震面もカバー。

しかも、棚板が上部と下部に付いているので、ちょっとしたインテリアスペースとしても活用できます。

これまでテレビの上の壁がなんとなく寂しい…と思っていた方は、有効利用することができますよね。

角度調整も可能な壁寄せテレビスタンド【布団のソムリエ】

こちらのコンパクトなサイズ感のテレビスタンドは、角度調整が可能。

見易い角度に合わせて微調整もできるので、狭い空間での利用に適しています。

寝室やちょっとしたワークスペースなどに置いても邪魔になりませんね。

価格もリーズナブルなのも嬉しいところ。

新生活を始めようという方や、セカンドテレビ台としてもおすすめです。

 

ウッドレッグが個性的な壁寄せテレビスタンド【エムール】

まるでアート作品のようにテレビを飾れる壁寄せテレビスタンド。

ウッドレッグがなんとも言えない個性的なデザインです。

スタンドの脚部分がまるで三脚のようになっていますが、このレッグ部分にコードを収納できるフックが付いているので、隠したい配線もしっかり固定できます。

組み立て時間がたったの15分という手軽さも人気の秘密かもしれませんね。

 

現代アートのような壁寄せテレビスタンド【e住まいるスタイル】

こちらは、テレビスタンドの支柱部分が個性あふれる積み木のようなデザイン。

まるで現代アートのような、美しい曲線も空間をおしゃれに演出してくれるポイントですね。

こちらは240度のワイドスイング機能を兼ね備えているので、どの角度からでも見やすく調節することができます。

高さも11段階に調節可能なので、自分の思い通りの場所に設置できるのがおすすめです。

 




まとめ

壁寄せテレビスタンドは、今回ご紹介したようにデザインが非常にスリムでスタイリッシュなので、狭いお部屋も広々使うことができるというメリットがあります。

 

ただその一方で、土台がどっしりとしているテレビ台の方が、安定感があるのかも?と思う方もいますよね。

そんなときは付属のワイヤーを使ったり、耐震性の高いテレビスタンドを選んだりして万が一の転倒防止に努めましょう。

 

今あるテレビ台は飽きた、もっとスタイリッシュな家具が欲しい…という方は、ぜひテレビの買い替えに合わせて壁寄せテレビスタンドも検討してみてくださいね。

CHECK 壁寄せテレビスタンド(口コミで人気の商品一覧)【楽天市場】




タイトルとURLをコピーしました