【レーズンの危険性とデメリットを解説】1日何粒まで大丈夫か 子供が食べる場合の量や効能が出る効果的な食べ方を紹介




レーズンは食べ過ぎると太るだけでなく、

下痢をしたり、腎臓の機能を低下させるという危険性があるので、

多くても1日、120粒を目安にまたヨーグルトと一緒によく噛んで食べましょう。

 

 

子供が食べる場合は大人の摂取量の約半分の60粒までを目安量にすれば、

食べ過ぎを防いで危険を回避できますよ。

 

 

レーズンって確かに食べやすいし美味しいけれど、

やっぱり過剰に食べてしまうのは危険性があるのです…。

 

 

今回はそこで、レーズンが持つ危険性などのデメリットや、

レーズンのメリット、1日どのくらいなら食べて良いのかを解説します。

 

レーズンを食べる前にぜひ読んでおくと良いですよ!

 

スポンサーリンク

レーズンに危険性はあるか【デメリット】

レーズンを食べ過ぎると、糖分過剰摂取で肥満になったり、

食物繊維の摂り過ぎで下痢したり、カリウム過多で腎臓に負担がかかる、

という危険性やデメリットがあるんです…。

 

 

確かにドライフルーツは体に良いし、

お菓子よりも太りづらいという特徴もありますが、過剰摂取はNG!

 

 

実は私もレーズンの食べ過ぎで下痢を引き起こした、

という経験があるんです…。

 

 

レーズンって食物繊維が豊富なので、適量を食べれば、

お通じも良くなるんですが、食べ過ぎてしまうと、

今度は逆にお腹がゆるくなり、下痢を引き起こすもの。

 

 

お腹を下しやすい体質なのであれば、

過剰摂取は避けるべきですね。

 

 

もちろん糖分も含まれているため、

レーズンを食べ過ぎれば体脂肪も血糖値も上がってしまいますよ!

 

 

そして、レーズンに多く含まれているカリウムって、

たくさん体内に摂り入れてしまうと、腎臓に大きく負担がかかります。

 

 

特に腎臓に持病があるのでしたら、

レーズンを食べ過ぎるのは危険でしょう。

 

 

体に良いはずのレーズンでも食べ過ぎると、

こんなにもデメリットや危険性があるんですね…。

 

 

私も下痢を引き起こしてからは、

レーズンはもちろん、ドライフルーツは食べ過ぎないようにしています。

 

 

どんなに健康的な食べ物でも、食べ過ぎはNGなので注意すべきですよ!




レーズンの効能【メリット】

レーズンの効能はお通じ改善と貧血やガンの予防、

そして運動する際のエネルギー補充などがあります。

 

 

食物繊維があるため、適切な量のレーズンを食べれば、

便秘を解消できますよ!

 

 

また、レーズンには鉄分が多く含まれているので、

貧血になりがちな体質に、レーズンの効能は役立ちます。

 

 

そして、肌や体内の機能が老化するのを抑制する、

抗酸化作用があるため、ガンの予防にも効果的。

 

 

またレーズンの糖質は運動する前に食べておけば、

エネルギーに変換されるので、疲れにくくなるでしょう。

 

 

適切な量を食べることで、レーズンの効能は、

こんなにも体に良いものなのです!

 

 

レーズンを食べるメリットもちゃんとあるんですね!

 

 

ただしやっぱり食べ過ぎると逆効果になったり、

不健康になったりするので、摂取量は注意すべきでしょう。

 




レーズンは1日何粒まで大丈夫か

レーズンは健康な大人なら1日に120粒までを食べても大丈夫ですが、

持病があったり下痢しやすい体質なら70粒を目安に食べましょう。

 

 

どうしてもレーズンって小さいし食べやすいから、

1日何粒までなら食べても良いか、イマイチ分からないですね。

 

 

でも1日何粒まで食べていいか迷った時は、

120粒を目安にする、ということを覚えておくようにしましょう。

 

 

120粒なら食べ過ぎにもならないし、

程よくレーズンのメリットを得ることが出来るので問題ありません。

 

 

ただし腎臓に持病があるのでしたら、レーズンはより少なめにして、

70粒くらいに留めておくと良いでしょう。

 

 

体質や持病に応じて、レーズンは1日何粒食べて良いか、

変えていくようにするのが私個人的にもすごくおすすめです。

 

 

私もお腹を下しやすい体質なので、レーズンなどドライフルーツは、

ほんの数個だけ食べるように心掛けていますよ。

 

 

糖尿病がある場合も、レーズンは出来る限り、

少なめにして食べると安心です。

 




レーズンを子供が食べる場合の量はいくらまでか

レーズンを子供が食べる場合は、

健康な大人が食べる量の半分が目安なので、

1日に60粒までなら大丈夫です。

 

 

ただし子供がまだ乳幼児なのでしたら、

多くても8粒程度にしておきましょう。

 

 

そうすれば糖分過多にもなりませんし、

食物繊維の過剰摂取で、子供が下痢をすることもないです。

 

 

子供がレーズンを食べる場合も、

量に注意をしていくべきですね!

 

 

私もレーズンでお腹を下した時は、

まだ十代だったので、数十粒程度でダメでした…。

 

 

子供にレーズンを与える際も、

年齢や体質に応じて量を変えていくと問題ないでしょう。

 




レーズンの効果的な食べ方

レーズンの効果的な食べ方は、ヨーグルトと一緒に摂取し、

よく噛んでから飲み込むこと!

 

 

ヨーグルトと一緒に食べると、ヨーグルトに含まれる乳酸菌により、

更に腸内環境を整えることが出来るのです。

 

 

またよく噛んでレーズンを食べれば、

満足感が得られるので、食べ過ぎも防げますよ。

 

 

レーズンの効果的な食べ方をしたいならぜひ、

ヨーグルトに混ぜておき、そして噛む回数を多くしましょう。

 

 

ただし効果的な食べ方をした場合であっても、

レーズンは食べ過ぎるのはダメなので気を付けましょうね!

 

 

適切な量を食べてこそ、効果的な食べ方が出来る、

ということを忘れないでおくと、レーズンを食べて健康になれますよ!




まとめ

レーズンは過剰摂取すると肥満や下痢、

腎臓に負担がかかるなどの危険性があります。

 

 

大人なら1日に120粒、子供なら60粒を目安にして、

食べるようにすれば、腸内環境も整うし、抗酸化作用を得られたり、

エネルギーとして変換することが出来ますよ。

 

 

特にヨーグルトに混ぜて、よく噛んでレーズンを食べると、

より健康的になれるので、ぜひお試しくださいね!




タイトルとURLをコピーしました