PR

【もずく酢は危険なのか】毎日食べるのはアリか 結果や効果的な食べ方、適切な一日の摂取量を紹介

健康に良いとされているもずく酢。

毎日家族で食べている方もいますよね。

しかし、何事も食べ過ぎは良くないと言いますから、もずく酢も健康に害がないか心配になることも…。

もずく酢も適量を超えて食べ過ぎると次のような危険があります。

・食物繊維の摂り過ぎによる下痢や便秘などの消化不良
・塩分の摂り過ぎによる高血圧症
・ヨウ素の摂り過ぎによる甲状腺異常

 

そこで今回は、もずく酢を毎日食べても問題ないのか?
適切な一日の摂取量や効果的な食べ方をご紹介します。

 

海藻 沖縄津堅島産 塩 もずく300g×2個 送料無料※メール便発送※3セットで通常便日時指定OK※5セット以上タレ1本orもずくプレゼント産地直送 ダイエット 通販 1000円ポッキリ (税別) スーパーフード1000円ぽっきり (税別) プチギフト
created by Rinker
¥1,080 (2024/04/15 17:38:23時点 楽天市場調べ-詳細)

もずく酢に危険はあるのか

健康や美容に効果があると言われるもずく酢。

いっぱい食べれば、お肌がきれいになるかも?健康的になるかも?瘦せられるかも?…なんて思い、毎日家族で食べている方もいるかもしれませんね。

 

しかし、たくさん食べれば美容や健康に効果があるわけではありません。

何事も適切な量を守ることが大切。

 

というのも、もずく酢に含まれる「塩分」や「ヨウ素」を過剰に摂取してしまうと、以下のような症状が現れる場合があるからです。

 

・食物繊維の摂り過ぎによる下痢や便秘などの消化不良
・塩分の摂り過ぎによる高血圧症
・ヨウ素の摂り過ぎによる甲状腺異常

 

 

どんなに健康に良いとされる食材でも、食べ過ぎは体によくありません。

もずく酢も、適切な1日の摂取量を守り、美味しく食べるようにしましょう。

適切な摂取量については後ほど詳しくご紹介します。

 

 

もずく酢を毎日食べるのはアリ?

もずく酢を食べ過ぎると、副作用から逆に体に害があるというお話をしましたが、毎日食べるのは問題ないのでしょうか?

 

後ほど詳しくご紹介しますが、1日の摂取量を守れば毎日食べても問題ありません。

朝食や夕食のおかずとして取り入れても良いでしょう。

 

もずく酢を食べた結果得られる効果とは

ではもずく酢を毎日食べると、どんな効果が得られるのでしょうか?

もずく酢がもたらす嬉しい作用についてご紹介します。

 

 

【糖尿病予防、高血圧予防効果】

もずく酢には、「フコイダン」という成分と水溶性食物繊維である「アルギン酸」が非常に多く含まれています。

これらは、血糖値の急激な上昇を防ぐ働きがあるため、糖尿病予防として効果が高いと言われています。

食事の始めに食べると、糖質の吸収が穏やかになるので、血糖値の上昇を抑えることもできるでしょう。

 

加えてアルギン酸には、高血圧症の原因となるナトリウムを排出する役割もあるため、高血圧症の予防にも効果的なんです。

摂取量を守れば、糖尿病や高血圧症などの成人病予防に良い影響を与えてくれそうですね。

 

 

【ダイエット効果 】

もずく酢に含まれる「酢」は、代謝を活発にする働きがある為、脂肪燃焼効果が高いんです。

もともと低カロリーな食品ですから、毎日食べることで体の中から瘦せやすい体質へと改善されるかもしれませんね。

 

 

【美肌・美髪効果】

もずく酢の「もずく」は海藻類に属しますから、ミネラルがたっぷり含まれています。

このミネラルとフコイダンは、肌のツヤ、ハリをキープする「保湿力」を高める効果が抜群なので、食べるだけでお肌がツルツル・すべすべになるかもしれません。

 

さらに、抜け毛予防・美髪効果もあるので、特に女性は積極的に摂取したい食品ですね。

年齢と共に気になる髪の毛の悩みも、もずく酢を食べれば少しずつ改善されるかもしれませんね。

 

 

【腸内環境を整える効果】

水溶性食物繊維というのは、腸内の善玉菌のエサになるので、腸内環境を整える効果も得られます。

腸内環境が悪いと、下痢や便秘などの症状はもちろん、それによる肌荒れなどを引き起こしてしまうため、腸内環境を整えることは非常に大切です。

 

 

【がん予防効果】

もずく酢に多く含まれる「フコイダン」という成分には、がん細胞を抑制する働きがあると言われているため、がん予防に効果的と言われているんです。

がん細胞を抑制する働きとは、人間が本来持っているがん細胞に対する免疫力を高める作用やがん細胞を消滅に導く作用のこと。

 

日本人の4人に1人ががんで亡くなっているという言われるほどですから、もずく酢を食べてがん予防をすることができたら、健康で長生きできるかもしれませんね。

 

 

もずく酢の適切な一日の摂取量

もずく酢には嬉しい効果がたくさんあることが分かりましたが、前述したように、食べ過ぎると下痢や便秘などの副作用が起こることもありますから、一日の摂取量を守って、毎日食べ続けることで様々な効果が得られそうですね。

 

一般的に売られているもずく酢は、1パック20~30gですから、これを目安に1日1パックを食べて行けば、過剰摂取にならずに済むでしょう。

 

もずく酢の効果的な食べ方

では、もずく酢を毎日定期的に食べるためには、どのようにして食べれば効率よく栄養を摂取することができるでしょうか?

最後に、効果的な食べ方についてご紹介します。

 

 

【味付けは薄めがおすすめ】

濃い味付けが好きな方は、プラスで調味料を入れたくなってしまいますが、塩分の摂り過ぎになってしまうこともあるので、味付けは薄めがおすすめです。

 

【食前に食べるのがおすすめ】

さきほども少し触れましたが、もずく酢は、食事の始め(または食前)に摂取するのがおすすめです。

食前に食べることで血糖値の急上昇を防いでくれる働きがあるため、肥満予防に効果を発揮しやすくなります。

 

空腹のときって、ついドカ食いしてしまうので、私も夫ももずく酢を先に食べてから食事を摂るようにしています。

 

【よく噛んで食べるのがおすすめ】

もずく酢は、しっかりとよく噛んで食べると、満腹感を感じやすくなるので、食べ過ぎを予防してくれます。

普段から、早食いの習慣がある方は、食前にもずく酢をよく噛んで食べてみてくだくさいね。

 

 

まとめ

もずく酢は、今回ご紹介したように、ダイエットや美肌・美髪効果など様々な嬉しい働きがあるので、ぜひ毎日の食生活に取り入れたいですよね。

しかし、健康に良いからと言って、食べ過ぎは逆効果になることもあるので注意が必要です。

 

1日1パックを目安に食べ、毎日無理なく続けることが健康や美容への近道です。

毎日食べ続けることで飽きてしまう場合は、もずく酢ではなく、スープにしたり和え物にしたり、納豆などに入れて食べたりするのがおすすめ。

私の娘も、もずく酢の酸味が苦手ですが、みそ汁に入れると美味しそうに食べてくれます。

 

自分なりの美味しく食べられるレシピを見つけ、健康的な食生活を心がけてくださいね。

 

海藻 沖縄津堅島産 塩 もずく300g×2個 送料無料※メール便発送※3セットで通常便日時指定OK※5セット以上タレ1本orもずくプレゼント産地直送 ダイエット 通販 1000円ポッキリ (税別) スーパーフード1000円ぽっきり (税別) プチギフト
created by Rinker
¥1,080 (2024/04/15 17:38:23時点 楽天市場調べ-詳細)