結婚式で使ってはいけない花と縁起のいい花言葉を解説!春夏秋冬の季節別に紹介!




結婚式には欠かすことのできない花。

式場の装飾はもちろん、花嫁のブーケや髪飾りにも使われることが多く、
結婚式の雰囲気作りには重要な存在ですよね。

でも、一言に花と言ってもたくさん種類がありすぎて
何を選べばいいのか悩んでしまう花嫁さんも多いと思いますが、

基本的には好きな花を選んでOKです。

 

とはいえ、お花の中には、結婚式には向かない縁起の良くない花や、
結婚式に最適な縁起のいい花もあります。

せっかくの晴れ舞台は縁起のいいものを選びたい人の方が多いと思いますので、
そういったことが気になる方に、
春夏秋冬の季節別に、結婚式にピッタリの花を花言葉をもとに紹介します!

 

スポンサーリンク

結婚式で使ってはいけない花と縁起のいい花とは

基本的に結婚式で使う花は好きな花を選んでOKです。

ですが、花にはそれぞれ花言葉があり、
色が違うだけでも花言葉が変わってきます。

 

花を選ぶときはお気に入りの花や、思い出の花、
見た目の美しさや結婚式のテーマカラーで選ぶことも多いとは思いますが、
中には結婚式にはふさわしくない「別れ」や「浮気」などをイメージさせる花言葉もあります。

 

花言葉はひとつひとつの花がもっていて、
幸せ溢れる素敵な花言葉のものがたくさんあります。

縁起を気にされる方はその点に注目して選ぶのがいいと思います。

 




結婚式で縁起のいい花言葉【春】

春の花で縁起がいい花言葉の花は次の通りです。

  • 白のアザレア
  • バラ
  • ラナンキュラス
  • スイートピー

それぞれ詳しく見ていきます。

 

【結婚式で縁起のいい花(春)】白のアザレア

「あなたに愛されて幸せ」

純白の花が愛の喜びに満ちた花嫁をイメージすることから、この花言葉が付けられました。

 

【結婚式で縁起のいい花(春)】バラ

「愛」「美」

赤いバラは 愛情・情熱

白いバラは 純潔・深い尊敬 など、色によって様々な花言葉があります。

 

また、バラは本数によっても花言葉があります。

4本  死ぬまで気持ちは変わりません

9本  いつまでも一緒にいてください

11本 最も 愛おしい人 などです。

 

色や本数を組み合わせて、素敵なメッセージを作り上げることができるのがバラの魅力です。

 

【結婚式で縁起のいい花(春)】ラナンキュラス

「とても魅力的」「華やかな魅力」

バラに似たコロンと丸いフォルムが愛らしい花です。

こちらも花の色によって花言葉が変わりますが、どの色を選んでも結婚式に問題のない花言葉をもっています。

 

【結婚式で縁起のいい花(春)】スイートピー

「門出」

白、ピンク、ラベンダーなど優しげな色が揃っています。

人生の節目や、新たな旅立ちを祝うのにピッタリな意味がつけられています。

 

【結婚式で縁起のいい花(春)】桜

「純潔」

春を連想させる日本ならではの花。ブーケにも装飾にも使いやすい花です。

結婚式にはソメイヨシノや枝垂れ桜の花言葉がピッタリです。

 




結婚式で縁起のいい花言葉【夏】

夏の花で縁起がいい花言葉の花は次の通りです。

  • ひまわり
  • アンスリウム
  • デンファレ
  • ジャスミン
  • ラベンダー

それぞれ詳しく見ていきます。

 

【結婚式で縁起のいい花(夏)】ひまわり

「あなたを見つめる」

サイズや咲き方が様々で、ポップで明るいコーディネートにピッタリ。

ひまわりにも本数によって花言葉が存在します。

3本 愛の告白

11本 最愛 などがあります。

 

【結婚式で縁起のいい花(夏)】アンスリウム

「情熱」「印象深い」

南国リゾートの雰囲気を演出したい方にはピッタリの花。

ハワイではバレンタインデーに贈る花として親しまれており、とても人気のある花です。

 

【結婚式で縁起のいい花(夏)】デンファレ

「お似合いの二人」

気品ある華やかさを持つ花。ブーケに取り入れるととても優雅です。

ハワイの首飾り「レイ」の花材としても親しまれており、多くの品種や色があります。

 

【結婚式で縁起のいい花(夏)】ジャスミン

「愛想のいい」「愛らしさ」

優しい香りの小さくて可憐な花です。

白色と黄色があり、香りの王様と呼ばれていますが黄色のジャスミンからはそんなに匂いはしません。

 

【結婚式で縁起のいい花(夏)】ラベンダー

「あなたを待っています」「期待」

生花で使っても、ドライフラワーを使ってもおしゃれな花。

ナチュラルブーケにもってこいの花です。

 




結婚式で縁起のいい花言葉【秋】

秋の花で縁起がいい花言葉の花は次の通りです。

  • コスモス
  • ダリア
  • カトレア
  • フリージア
  • ケイトウ

それぞれ詳しく見ていきます。

 

【結婚式で縁起のいい花(秋)】コスモス

「乙女の真心」

ピンクや紫、白などが代表的な秋の訪れを感じさせる花。

どの色を選んでも花言葉に悪い意味はありませんので、安心して選べる花ですね。

 

【結婚式で縁起のいい花(秋)】

ダリア

「華麗」「優雅」「感謝」

和洋どちらにもあいますが、和装のブーケやヘッドフラワーに特におすすめの艶やかな花です。

 

【結婚式で縁起のいい花(秋)】カトレア

「優美な貴婦人」「あなたは美しい」

蘭の女王とも呼ばれる大ぶりな花。和装の花嫁によく似合います。

こちらの花も何色を選んでもネガティブな花言葉はないので安心して選ぶことができます。

 

【結婚式で縁起のいい花(秋)】フリージア

「あどけなさ」「純潔」

可憐な雰囲気で、花言葉がぴったりの花。

黄色のフリージアには「無邪気」という花言葉があり、こちらも結婚式にピッタリです。

 

【結婚式で縁起のいい花(秋)】ケイトウ

「情熱」「個性」「おしゃれ」

鶏のとさかに似ていることからケイトウという名がついたそうです。オレンジや深い赤、ピンク色があり、どれも華やかで温かみがあります。




結婚式で縁起のいい花言葉【冬】

冬の花で縁起がいい花言葉の花は次の通りです。

  • マーガレット
  • アマリリス
  • コットンフラワー
  • ポインセチア
  • アネモネ

それぞれ詳しく見ていきます。

 

【結婚式で縁起のいい花(冬)】マーガレット

「真実の愛」「恋占い」

恋占いを想像する方も多いマーガレット。恋愛に関する意味合いを多く含む花としてとても人気があります。

 

【結婚式で縁起のいい花(冬)】アマリリス

「誇り」「すばらしく美しい」

ユリに似た華やかで大輪の花を咲かせます。

紫色のアマリリスには「虚栄心」という花言葉がついていますので、こちらは避けたほうがいいかもしれません。

 

【結婚式で縁起のいい花(冬)】コットンフラワー

「わたしを包んで」母の愛」

冬らしい雰囲気を演出してくれるふわふわと温かみのある花。

お母さんへ渡す花束に入れるのもおすすめです。

 

【結婚式で縁起のいい花(冬)】ポインセチア

「祝福」「幸運を祈る」「清潔」

クリスマスに欠かせない真っ赤なポインセチア。

一目で季節感を演出してくれます。

白色やピンクもあり、どれも素敵な花言葉ですのでクリスマスを結婚式のテーマにしている花嫁さんにとてもおすすめです。

 

【結婚式で縁起のいい花(冬)】アネモネ

「真実」「君を愛す」

 

おしゃれ花嫁さんの中で根強い人気を持つアネモネ。

存在感があり、白色はいろいろなテーマに合わせやすいのが特徴です。




まとめ

この他にも通年手に入る花もたくさんあります。

花言葉を参考にしながら花選びをするのも楽しいのではないかなと思います。

 

また、季節外の花でも価格が上がったりはしますが
用意してもらえることもありますので、
気に入る花があるなら担当の方に確認してみることをおすすめします。

 

結婚式にて花を飾るのは新郎新婦の特権です。

理想とする装花やブーケに花言葉というメッセージをそっと忍ばせて、
記憶に鮮明に残る素敵な1日が過ごせしてみてくださいね。




タイトルとURLをコピーしました