【流せるトイレブラシがつまる原因】本体が汚いなどデメリットや 綺麗にならないからやめた口コミの実際!詰まったり使いにくいのを解消する使い方を紹介




日常生活を送る中でトイレ掃除は欠かせません。

ですが、トイレ掃除のときに使うブラシは
繰り返し使うと便器よりもバイキンが多いと言われるほどで
衛生面が気になります。

最近ではスクランブルバブルの流せるトイレブラシが
先端のブラシ部分を1回ごとに使いきりでトイレに流せるので
常にブラシがきれいな状態でお掃除できるから清潔で便利だと評判です。

ただ一方で、流せるトイレブラシが詰まったなんて噂も耳にすると
使うのをためらいますよね。

実際のところどうなのかというと

節水型トイレは流せるトイレブラシが詰まる可能性が高いです。

タンク式トイレであればまず詰まることはありません。

ただ、これ以外にも流せるトイレブラシには次のようなデメリットがあります。

流せるトイレブラシのデメリット
・節水式トイレでは詰まる危険がある
・トイレットペーパーやトイレシートと一緒に流すと詰まる可能性がある
・本体ブラシが汚れる
・収納に困る
・頑固な汚れ(尿石など)は落とせない
・ランニングコストが高い

とはいえ、これらのデメリットも使い方を工夫すれば問題なく、
これ以上はないってくらい心強いトイレ掃除の味方になります。

今回は流せるトイレブラシが詰まったといわれる原因や
その対処法について解説します。

 

スポンサーリンク

流せるトイレブラシがつまる原因

流せるトイレブラシは
販売会社のSCジョンソンもウェブのよくある質問で明記していますが、
ブラシ部分が水に触れると分解される特殊な不織布素材でできているので
基本的に水に浸ればほぐれて詰まることはありません

実際、使用前は固いブラシも、
水に浸して掃除しているうちに柔らかくなり、
最後はボロボロ状態で、
問題なくトイレに流すことができます。

ただ一方で、次のようなケースにおいては
スクラビングバブルの流せるトイレブラシが詰まる場合があります。

  • 大量の流せるトイレブラシを一度に流す
  • トイレットペーパーや流せるトイレシートなどを一緒に流す
  • トイレの水量が少ない

トイレットペーパーを大量に流すと詰まることがあるように
流せるトイレブラシも一度に大量に流すと詰まる原因になります。

また、流せるトイレブラシの他にトイレットペーパーやトイレシートなどを
一緒に流すこともトイレが詰まる元になります。

 

トイレ掃除をするときは便器のフタや床などを
トイレ用のお掃除シートを使って掃除して
最後に(もしくは先に)便器内をブラシで掃除する方も多いと思います。

とくに流せるトイレシートだとゴミ箱に捨てなくても
そのまま便器にポイッと捨てられるので便利ですし、
我が家でも愛用していますが、
流せるタイプのトイレシートを併用して掃除する場合は
掃除が終わった後にまとめて流すと詰まりの原因になってしまいます。

実際、まとめて流そうとしたら流れが悪くてつまりかけたことがありました…。

 

流せるトイレブラシを流す時は
トイレシートなどとは分けて1つずつトイレ便器内に流すようにしましょう。

 

そして特に気をつけなければならないのが、
節水型トイレです。

最近は水量が少なくても流せる節水タイプの便器が普及しており、
新築の一軒家やマンションでは節水型トイレを採用しているところも少なくありません。

ですが節水タイプのトイレの場合、
流せるトイレブラシが水でほぐれるために必要な十分の水量がない場合もあり、
ブラシがほぐれる前にトイレ便器内に詰まることがあります。

世間で耳にする詰まった原因はこちらのケースが大変多いです。

可能であれば節水型トイレでスクラビングバブル流せるトイレブラシを使う場合は
流水レバーを「小」ではなく「大」にして水量を増やし、
詰まりを予防することが重要です。

ただTwitterなどの報告をみるとそれでも詰まることがあるので、
節水型トイレの場合は流せるトイレブラシを流さないのが一番かもしれません。

スポンサーリンク


 

流せるトイレブラシのデメリット

流せるトイレブラシは洗剤が含まれたブラシを付け替えて使用でき、
使い終わった後は便器内に流せるので、常に清潔を保つことができます。

流せるトイレブラシのメリット
・手が汚れない
・洗剤がいらない
・本体ブラシを使い捨てるので清潔
・便器を傷つけない
トイレ内に汚れたブラシを置かなくていいのは本当に嬉しいですよね。
おまけに洗剤不要なので、洗剤の残りを気にする必要もないところも有難いです。
ただ一方で次のようなデメリットがあります。
流せるトイレブラシのデメリット
・節水式トイレでは詰まる危険がある
・トイレットペーパーやトイレシートと一緒に流すと詰まる可能性がある
・本体ブラシが汚れる
・収納に困る
・頑固な汚れ(尿石など)は落とせない
・ランニングコストが高い
節水型トイレや、
大量のトイレットペーパーやトイレシートと一緒に流すと詰まりやすいのは
既にお話しした通りですが、
他にも高層マンションなどの高層階では
トイレの水を高い位置まで送る都合で水圧が弱くなってしまい、
通常の節水タイプトイレよりもさらに流水量が少なく、
より詰まりやすい点に注意が必要です。
それ以外にも付け替えをしない「本体ブラシ」が汚れたり、
本体ブラシや付け替えブラシの収納場所が必要であったり、
ランニングコストが通常のブラシに比べて高い点が挙げられます。
この2点のデメリットに対する対処法は後述します。
また流せるトイレブラシ自体が
掃除するときに便器内をなでるように掃除するため、
頑固にこびりついた尿石などの汚れを落としにくいといったデメリットがあります。
あくまで日常レベルの掃除に使用するものであることに留意しておきましょう。



流せるトイレブラシの本体が汚いのを防ぐ方法

流せるトイレブラシのブラシ部分は切り離し可能で
掃除終わった後に便器内に入れて流してしまえますが、
本体の柄の部分はそうはいきません。

便器内を掃除するときにどうしても便器の水に浸ってしまうので、
繰り返し使うとなると衛生面が気になってきますよね。

実際、スクラビングバブル流せるトイレブラシの
デメリットの一つとして挙げられる点が物語っています。

ですがこれも、
掃除を終えてブラシを取り外した柄だけのときに
水で流して除菌スプレーをかけ、ティッシュで拭けば問題ありません。

スポンジ・ブラシ部がないので楽に対応できます。

使う除菌スプレーは市販のカビキラースプレータイプなどで大丈夫です。

流せるトイレブラシで綺麗にならないからやめたという口コミ評判

流せるトイレブラシもメリットがある一方でデメリットがあります。

そのため、流せるトイレブラシを使った方の中には

そもそもトイレブラシの不衛生さが気になって
流せるトイレブラシにしたのに
結局ブラシの柄が汚れるし
頑固な汚れが落ちないのは気になるからやめた

という意見も少なからずあります。

流せるトイレブラシはあくまで普段のトイレ掃除に使うもので、
デメリットにも書いたように、
尿石などの頑固なこびりつき汚れを落とすことはできません。

そういった汚れは別の方法で落とす必要があり、
それならいっそ最初からブラシを使うのをやめ、
他のメーカーのブラシも一切やめて
スプレーや手で掃除することに切り替える方がいるので
このような口コミなどが挙げられているんですね。

ただネガティブな口コミがある一方、
手が汚れずに簡単に掃除できるようになったと好評な意見も多く見られます。

トイレのタイプ(タンク式or節水式)と、
自分の掃除スタイルに合わせて選ぶのがいいと思います。




流せるトイレブラシの適切な使い方【週一でOK】

トイレ掃除は毎日することがいいといわれますが、
なかなか毎日掃除するのも大変ですよね。

スクラビングバブルの流せるトイレブラシなら
週一で問題ありません。

毎日使うとなるとコストも気になりますが、
週一回くらいならそこまでコスパも悪くないと思います。

 

毎日トイレ掃除をするなら最低限、

トイレ用ウェットシートを、上から下に向かって拭く

だけなので、3~5分程度で済みます。

まめに掃除していれば頑固な汚れがこびりつくこともないので
トイレをキレイな状態でキープできます。

 

トイレ掃除をするときは上から下に向かって行う

トイレを掃除するときは「便器の蓋」から「側面」、そして「ふちの裏」を拭きます。
次に「壁」から「床」をと拭いていきます。

汚れの少ない方から、汚れの多い方へ掃除をしていくと
雑菌がバラまかれる恐れがないので重要です

 

流せるトイレブラシを半分にするのもアリ【詰まり予防にも効果的】

トイレブラシの詰め替えはそこそこのお値段がするので、
毎回のトイレ掃除でブラシを使うのはコストが気になる、
という方も少なくありません。

流せるトイレブラシでの掃除は毎日行う必要はなく、
週一程度の掃除で使うので大丈夫ですが、
それでももう少しコストを抑えられないかな?と気になる方は
ブラシを半分にして使うのもアリです。

しかもブラシのボリュームが半分になるので
詰まりへの心配も減りますから一石二鳥!

実際、流せるトイレブラシを半分にして使っている方は少なくありません。
コストやブラシの大きさが気になる方はカットするのもアリですね。

スポンサーリンク


流せるトイレブラシをセリアなど100均や無印の商品で代用する方法

前の項目で流せるトイレブラシを半分に切って使うことで
コスト削減とトイレ詰まりの可能性を抑えられるとお話ししましたが、
さらにコストを安くするなら
セリアなどの100均と無印の商品で代用する方法もあります。

流せるトイレクリーナーはセリアやダイソーなど100均でも販売されているので、
折りたたんでブラシとして使用し、
無印で販売されているブラシの柄で挟んで使います。

無印のブラシの柄を代用する方法は人気があり
流せるトイレブラシのブラシを半分にカットしたものを挟んで使っている人も多いです。

壁に吊るしておけるので収納面でも便利ですね。

https://twitter.com/haru_musical_/status/1087352770007420928?s=20&t=n-OFozKQEdhe6vFsiAAR5A




流せるトイレブラシが詰まったときの対処法

流せるトイレブラシがトイレに詰まったときは
下でご紹介するようなラバーカップ(スッポン道具)を使います。

ちなみにラバーカップは「洋式用」と「和式用」がありますので
ご自宅のトイレ様式とあったラバーカップを使ってくださいね。

上の商品は洋式トイレ用です。
洋式トイレ用のラバーカップは、先端に出っ張りがあるのが特徴です。

トイレの詰まり対処法

① ラバーカップが浸る程度の水を便器内に入れる
② ラバーカップを押す
(先端カップが真空状態になるようにカップ内の空気を逃がすのがポイント)
③ ラバーカップを一気に引く
④ ②~③を繰り返す

ラバーカップは、トイレ便器内に水がないとうまく作用しません。
便器内に十分な水がない場合は、バケツなどで水を運び入れます。

ちなみに、ラバーカップを使用したときに、
水が飛び散る可能性があるので、
トイレの床面には雑巾などを敷いておくのがおすすめです。

ラバーカップを使うときは押す時より引くときが重要です。
カップ内の空気を逃がしたら一気に引くようにしましょう。

基本的にはこの方法でつまりを解消できますが、
もし解消できない場合は業者に相談するのがお勧めです。

 

どこの業者に依頼したらいいかわからない場合は、
業者のマッチングサイトを2つご紹介するのでチェックしてみてくださいね。

トイレが詰まるとつい慌ててしまいますが、
慌てた状態で業者を探そうとすると焦りからぼったくり業者に依頼して
相場以上の費用を取られる可能性があります。

今はトイレのつまりがなくても、
一度チェックしておくと咄嗟の時も安心ですよ♪
(賃貸なら大家さんに連絡が一番かもしれません!)

【くらしのマーケット】



出張・訪問に特化した生活系サービスのマッチングサイトです。

業者の口コミを参考にしてサービスを選ぶことができ、
予約が取りやすい点も特徴的です。

個人業者が多いので、
大手業者に比べると金額が安いことが多いです。

ハウスクリーニングはプロにおまかせ!【ユアマイスター】


業者と利用者を繋ぐマッチングサイトです。

生活系サービスに特化して提供されているため、
様々な業者が登録しています。

ユアマイスターは安価な業者が多く、
小規模展開の業者が多いので大手業者に比べて自分の要望を伝えやすく、
細かいところまで柔軟に対応してもらうことができます。

 




流せるトイレブラシが詰まる原因のまとめ

流せるトイレブラシはトイレのタイプが節水式の場合は
ブラシを便器内に流すのを避けた方が詰まる危険もないので安心です。

節水式トイレで流せるトイレブラシを使っている方の多くは、
掃除を終えたシートは便器内に流さず、
別にゴミ箱へ捨てている方が多い印象です。

また、タンク式トイレの場合でも、
大量のトイレットペーパーやトイレシートを一緒に流すと
詰まる原因になりますので、
掃除を終えたあとはそれぞれ個別に流すように気を付けてくださいね。

流せるトイレブラシはいくつかデメリットもありますが、
使い方を工夫すれば便利に使うことができますので、
うまく使ってトイレ掃除の時短に役立ててくださいね。




タイトルとURLをコピーしました