エアコン

暖房つけたら結露してカビが発生!換気や結露防止策で再発を防ごう!

投稿日:2017年10月8日 更新日:

暖房つけたら結露してカビが発生!換気や結露防止策で再発を防ごう!

寒くなってくると暖房を使う機会も多いですよね。

一般的には、
暖房を使うと乾燥するので加湿しながら使うこと
なんてよく言われるので、
乾燥対策に気を遣っている方も多いと思います。

一方で、
暖房をつけることによって窓が結露し、
「カビが出来てしまった」なんてケースも少なくありません。

どうして部屋の乾燥とは真逆の結露が発生するのでしょうか?

結露やカビでお悩みの方も中にはいらっしゃると思いますので、
結露ができる原因と防止策についてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

暖房をつけると結露するからカビができる?

「暖房をつけると部屋が乾燥する」というのは、
部屋の温度が上がると湿度が下がることが原因です。

湿度は、
空気中に含められる水分量(水蒸気)が
上限に対して実際はどれくらいかを示した相対値です。

この値は、
温度が上がると空気はより多くの水分を含めるようになるので湿度が下がり、
温度が下がると水分を含める量が少なくなるので湿度は上がります。

結露は、それまで空気中に含まれていた水分(水蒸気)が
温度の低下によって保ちきれなくなり、
水滴として液体化したもののことをいいます。

機能としては、
空気中の水分を水に変えて湿度を下げる除湿器と同じですね。

暖房をつけている分には、部屋の気温を上げているのだから
結露しそうにないように思いますが、

実は外気との気温差で発生することがあるんです。

部屋の中をいくら温めても、外の気温がとても低い状態だと、
結露が発生する条件が満たされてしまいます。

夏場の暑い部屋に、キンキンに冷えた水を入れたコップを置くと、
コップの表面に水滴がたくさんつきますよね。

それを反転させて、
キンキンに冷えた部屋に暖まったコップを置いたことで、
コップの中に水滴がついた、
なんてイメージすると分かりやすいかもしれません。

つまり、どれだけ部屋を暖めたとしても、
冷えた外気に接している窓側などは空気が冷やされてしまうので
余分な水分が結露として出てきてしまう
んですね。

この水分が原因となってカビが出てきてしまうので、
「暖房をつけているのになぜかカビができた!」
悩む原因になってきます。

 

暖房をつけるなら結露しないように換気しよう

カビを防ぐためには結露を防ぐ必要があります。
では結露はどう防いだら良いのでしょうか?

結露は冷えた空気に触れた水蒸気が液体化したものなので
空気を冷やさなければ結露は起きません。

部屋の空気に流れを与えて常に動かしていれば、
窓側などの一部分だけが冷やされることはなく、
部屋全体の温度が少しずつ下がることになるので、

結露する条件まで温度が下がるのを防ぐことができます。

これは暖房で部屋を暖め続けている状態ならなおさらです。
暖房をつけていない場合でも密閉性の高い部屋では温度も急には下がらないので
同じように結露を防ぐことができます。

実際、部屋の換気扇をつけたまま一晩明かしたら
結露しなかった例がたくさんあります。

手軽にできる結露対策に換気は有効です。

また、暖房がある部屋に換気扇がない場合は、

  • 換気扇がある部屋へのドアを開放して空気の流れを作る
  • 窓を開ける
  • 除湿器をつける

なども一つの手です。

スポンサーリンク

暖房は結露防止対策した上でつけよう

結露対策に換気が有効だとしても、
換気扇を回したり、窓を開けたりするのができない場合もあります。

ワンフロアの賃貸ならともかく、
2階建ての建物で寝室から換気扇のある部屋まで全開放、
なんて現実的ではありません。

また、窓を開けるのも日中ならともかく、夜間は防犯面で心配です。

ですので、夜間もできる換気以外の防止策もご紹介します。
大きく分けると次の2つです。

  • 空気中の水分量(湿度)を上げない
  • 外気温が室内に伝わらないようにする

 

空気中の水分量(湿度)を上げない

まず第一に、部屋の湿度を上げないようにしましょう。

湿度が70%を超えている場合は、
結露しやすく、カビやダニなどが発生してしまいます。

これを防ぐには室内干しや加湿器の運転を止め、
除湿器を使って湿度を下げるようにします。

ただし、湿度が40%を下回っている場合は加湿が必要です。
湿度は低すぎても細菌やウイルスが活発化して
風邪やインフルエンザにかかる可能性が高くなってしまいます。

湿度は55%前後くらいで調整しましょう。

またエアコン以外にガスファンヒーターや灯油などの暖房器具を使っている場合、
燃焼の過程で水分が出るので湿度が上がり、結露が起こりやすくなります。

換気時間が2分程度なら温度は下がらないので
結露対策として1時間に1回は換気することをお勧めします。

ただ昼間はまめに換気しながら使用できますが、
夜間はそう頻繁に換気もできません。

寝るときはエアコンやハロゲンヒーターなど水分が発生しないものか、
湯たんぽなどを活用するようにして、
ガスファンヒーターなどの使用は控えましょう。

 

外気で冷える場所に断熱処置をする

部屋と外気の温度差が大きいと、
境目である壁や窓ガラス、サッシ表面に結露が発生します。

湿度を下げる以外に、
この部分へ断熱対策をすることで結露を抑えやすくなります。

例えば、

  • 窓ガラスを厚くする
  • 二重窓にする
  • サッシの素材を熱伝導しづらいものに変える

といったことで結露される量は大幅に改善されます。

これ以外にも、窓ガラスに新聞紙を貼っておくと、
結露した水分が吸収されるのでカビ対策になりますし、
濡れた新聞紙でそのまま窓を拭けば手軽なお掃除にもなります。

窓に新聞紙を張るのは見た目がよろしくないですが、
夜間であれば人目に付きにくいのでそれほど気にならないのではないでしょうか。

窓ガラスにワックスなどを塗る方法もありますが
失敗するとガラスが汚なくなることと
臭いやべたつきがあるので気になる方は避けた方が無難です。

窓ガラスで断熱対策をするなら結露防止シートを貼る方が簡単なのでお勧めです。
綺麗にはがせるタイプもあるので退去時を気にせず使うことが出来ます。

 

まとめ

暖房をつけているのに部屋が結露したりカビができるのは、
部屋の湿度が高く、外の温度が室内に伝わりやすくなっているのが原因です。

暖房を水分が発生しないエアコンやハロゲンヒーターなどに変えたり、
窓やサッシなど外気温が伝わりやすい場所の断熱を工夫することで
結露対策を行うことをお勧めします。

快適な環境を整えるためには、
温度だけでなく湿度のコントロールも重要です。

室内のカビやダニは病気の原因にもなります。
この冬を元気に過ごせるように
湿度をしっかり管理していくようにしましょう。

スポンサーリンク

-エアコン
-,

関連記事

エアコンのフィルター掃除で臭いは解消できる?スプレーや業者って必要?

エアコンのフィルター掃除で臭いは解消できる?スプレーや業者って必要?

寒くなってくるとエアコンの暖房をつける方も多いですよね。 過ごしやすい秋はエアコンと無縁に過ごせたから 夏以来だなあ、なんて久々に暖房をつけてみたら・・・ 「臭い!!!」 と鼻が曲がりそうな臭いに慌て …

エアコンの暖房と除湿 洗濯物はどっちが乾きやすい?除湿器と併用もあり!

エアコンの暖房と除湿 洗濯物はどっちが乾きやすい?除湿器と併用もあり!

冬場は気温が低いので洗濯物を干してもなかなか乾きませんよね。 仕方ないから室内で干そうと思ってもただ干しただけなら外と変わりません。 浴室乾燥機などがあればいいですが、ついている家ばかりではないですよ …

暖房で乾燥するから喉痛いの?喉の痛みを和らげる方法と乾燥対策は?

暖房で乾燥するから喉痛いの?喉の痛みを和らげる方法と乾燥対策は?

寒くなってくると部屋の中がとても冷えてくるので 寝るときは暖房が欠かせませんよね。 ですが暖房を使っていると、 喉がイガイガする 咳が止まらない 喉が痛くて飲食が辛い なんて症状に悩まされる方もいらっ …

スポンサーリンク

スポンサードリンク



検索

ご訪問ありがとうございます。
管理人の鳥海です。

このブログは日常の中で気になったこと
疑問に思ったこと等を記事にしています

お役に立ちましたら幸いです。