Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アウトドア

折りたたみ自転車でツーリングって可能?長距離乗るために必要なこと

投稿日:

折りたたみ自転車でツーリングって可能?長距離乗るために必要なこと

最近、運動不足の解消や交通費節約のために自転車通勤&通学する人も増えましたね。

置き場所確保や盗難防止のために折りたたみ自転車を選ぶ人が増えたので
折りたたみ自転車のデザインや性能は昔よりもグンとあがってきました。

折りたたみ自転車とは思えないぐらいかっこいいものも良く見かけます。

ロードバイクとは違いますが実は思い切って長距離走ることも可能なんです!

せっかく自転車があるのに町乗りにしか使わないなんてもったいないですよね。

でも普通の自転車とは違うからやっぱり不安なのが荷物の管理と安全対策。
不安を解消して楽しい自転車旅に出てみませんか?

今回は折りたたみ自転車で長距離走る場合のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

 

折りたたみ自転車は荷物管理ってどうするの?

折りたたみ自転車は荷物管理ってどうするの?

折りたたみ自転車で心配なのが荷物管理ですよね。
前かごがついていないので自分でどうにかしなければなりません。

これはわたしも折りたたみ自転車を買う前に悩んだことですが、
いざやってみるとリュック一つで意外となんとかなっています。

折りたたみ自転車でも荷物をたくさん乗せられるように、
普通の自転車の荷台に取り付けるひもでハンドルあたりに
バッグを固定する方法などもありますが、
やはり安全面を考えるとおススメできません。

自転車はスピードも出るので急ブレーキを踏んだ時なども考えて
やはりリュックで体に固定するのが一番安全です。

出かけた先でもリュックだと行動しやすいです。
最近はかわいいデザインがたくさん増えていますので
折りたたみ自転車にリュックはお勧めです。

 

また、自転車の長距離旅は思った以上に疲れます。

あまりたくさんの荷物を持って行かないことが大事ですので
リュックくらいの大きさで十分だったりします。

身軽に出かけて、
疲れたら自転車を折りたたんでバスや電車で帰って来る旅、
なんてどうでしょう?

そうすれば思い切って遠くまで行けますよね!

最低限必要な自分で持てるだけの荷物を持って行きましょう。

スポンサーリンク

折りたたみ自転車で気を付けること!安全対策をきちんとしよう

折りたたみ自転車で気を付けること!安全対策をきちんとしよう

せっかくの楽しい旅行でケガや事故にあっては意味がありません。

町乗りと長距離では気を付けるポイントも違うので
どんなことに気を付ければ事故防止できるのかみていきましょう。

乗る前の自転車点検

自転車点検は町の自転車屋さんで、数百円程度でお願いできます。

これで命が守れるなら安いもの!
折りたたみ自転車が突然壊れる事故なども増えているので
事前にお願いしておくとこれから先も安心して乗れます。

自転車保険に入る

自動車保険は、自転車通勤&通学に使っているなら入ることを強くおススメします。

事故を起こしてしまった場合、
数千万円の賠償金を払わなければいけなくなるケースも増えています。

いざというときのために会った方が安心です。

今は自転車保険もネットや自転車屋さんで数百円ほど出せば手軽に入れるのもポイント。

目立つ色の服を着る

自転車と車の事故が増えています。

黒やグレーなどの暗い色を着て走る方も多いですが、
周りが暗くなってくると同化してしまってよく見えません。

着るなら明るい色の服をお勧めします。
明るい色の服は車からみえやすくなるだけでなく、テンションも上がるのでいいですよ。

雨の時や疲れた時は休憩するか交通機関を利用する

自転車走行は思った以上につかれます

疲れたままでは判断力も鈍りがち。
こまめな休憩をすることでとっさの判断ができるようになりますので、
長時間走行するときはとくに、休憩を挟むようにしましょう。

また、突然の雨では公共交通機関を利用できるのも折りたたみ自転車ならではの特徴です。

前だけでなく後ろの車にも気を付ける

自転車の走行では自分が気を付けていても事故が起こることがあります。
前の車や人に気を付けるのももちろんですが、後ろにも気を配りましょう。

危ないと思ったときは道を譲る

自転車に乗っていると危ない運転をする人をよく見かけますよね。
危ないなと思ったら自分が道を譲って距離をおくことが大事です。

まとめ

危ないこともたくさん書きましたが、
安全対策をきちんとすれば季節を感じながらのんびり進める自転車旅は
車や電車とはまた違って楽しいものです。

旅行先に折り畳み自転車を持って行き、
そこからちょっと自転車で日帰り旅行なんて言うのもいいですよね。

帰りは折りたたんで電車に飛び乗れるからこそ
普通の自転車よりも倍以上遠くに行くことだってできるんです。

タイヤが小さくても前かごがなくても折りたたみ自転車にしかない良さがたくさんあります。

最近ようやく暖かくなってきたので
自分のペースでのんびり進みながら友達とお花見に行ったり、
前から行ってみたかったちょっと遠くのカフェに行ったりするのもいいですね。

 

スポンサーリンク

-アウトドア
-,

おすすめ記事と広告

関連記事

no image

川遊びする子供への注意事項!ライフジャケットは必需品?

  暑い夏には涼みがてら川遊びをされる方も多いのではないでしょうか。 ですが、川遊びでは毎年のように悲しいニュースが流れます。 小さい子供が川遊びの最中に流され、亡くなってしまうという事故は …

サーフィン初心者で泳げない人は危険?!知っておくべきルールとは?

サーフィンしている人を見て、 格好良いと感じたことがある人は多いはず。 なにより、波に乗れたら気持ちいでしょうし、 何より女の子にモテそうですよね~。 やってみたいと思った男性も多いのではないでしょう …

折りたたみ自転車は子供だと何インチ?通学に使える?

  あなたは子どものころ、自転車に乗っていましたか? 私が子供のころは、どんなに遠い所でも自転車で移動していていました。 自転車だと歩いていくには遠いところも簡単に行けるので 小さい頃の自転 …

自転車の泥除けって実際必要なの?

  自転車を新しく買う場合、最近はおしゃれなロードバイクなどかっこいいものもあります。せっかく買うなら性能も大事ですが見た目も重視して選びたいですよね。 わたしも毎日通勤に使う自転車を選ぶと …

スポンサーリンク

スポンサードリンク



検索

ご訪問ありがとうございます。
管理人の鳥海です。

このブログは日常の中で気になったこと
疑問に思ったこと等を記事にしています

お役に立ちましたら幸いです。