Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

引っ越し

新居選びのポイントは条件を5つに絞ること!

投稿日:

※ 結婚後に新居を探したときの備忘録です ※

新居探しで賃貸選びをするならポイントは条件を5つに絞ること!

新居探し。

どんなところに住むか、想像すると夢が膨らみますよね。

 

私も結婚に伴って住居を移すことになったとき、
物件選びではたくさんのドリームバルーンを膨らませました。

 

不動産屋の張り紙をみたり、

ウェブで賃貸情報を探したり、

 

自宅にポスティングされた不動産チラシまで真剣に読んでいました。
すごく楽しかったです。

 

ですが、

 

ピックアップした物件の絞り込み

 

にはすごく悩まされました。

今回は物件探しで一番初めに大事なポイントについて
実体験からお話しします。

スポンサーリンク

新居の希望条件をまとめ挙げる

今はインターネットで自宅にいながら様々な物件情報が見られます。

なのでやみくもに物件情報をみてはただ時間が過ぎていく一方。

探すにあたっては
「自分はどんな家に住みたいか?」
という条件をまずまとめてリストアップするのは重要です。

 

ちなみに当時、私が住みたい家の条件として挙げたのは、

  • 最寄駅から徒歩10分
  • スーパーやコンビニが近くにある
  • 治安が良い住宅街
  • 家賃は××円以下
  • 部屋の広さは2DK以上
  • 2階以上
  • 角部屋
  • 築年数が新しい
  • 鉄筋コンクリートの建物
  • オートロック
  • フローリングあり
  • 南向きのベランダあり
  • ベランダ以外の窓あり
  • カウンターキッチン
  • IH対応
  • バス、トイレ、洗面所は別
  • お風呂の追焚機能あり
  • 温水便座あり
  • 玄関モニターあり
  • 収納あり
  • 靴箱あり
  • 洗濯機は屋内設置
  • エアコン付き
  • 駐輪場あり
  • 契約電力は40A
  • ガスの契約
  • 大家または管理人が近くにいる
  • 室内の荷運びが楽な間取

などなど・・・・。

たくさんの希望項目を挙げていました。

 

上手く思い浮かばない、と感じる方は、
ぜひ今住んでいる家の情報を挙げてみてください。
すんなり挙がってきますよ。

で、私はたくさん住みたい新居の条件を色々あげましたが、

当然ながら

この条件を全て満たす部屋は見つかりませんでした。

これだけ条件があったらそりゃ見つかりませんよね。
なので次にすることとしては、
妥協できる条件を項目から外すことです。

スポンサーリンク

新居選びでのポイントは希望条件を5つに絞ること!

条件が色々ありすぎると合致する物件もヒットしません。

なので最低限、これだけは外せない条件は何か、
自分で挙げた項目の優先順位をつけていきます。

 

私の場合、一軒家ではなく賃貸で、
アパートかマンションのどちらかにすることは決まっていました。

なので、それを除いた中から、
自分が絶対に譲りたくないもの5項目まで絞りました。

 

【前提】
賃貸(アパートかマンション)【条件】
・最寄駅から徒歩10分
・家賃は××円以下
・部屋の広さは2DK以上
・バス、トイレ、洗面所は別
・洗濯機は屋内設置

 

後半2つ、人によってはどうでもいいかもしれませんが、
私にはどうしても譲れないものでした。

 

バス、トイレ、洗面所は別

誰かがお風呂に入っていたら、トイレに入れない!!
死活問題です。

まして、トイレと洗面所が一緒だと、
もし誰かがノロウイルスになったとき、
洗面所に置いた歯ブラシなどに菌が付着して、一家全員感染
なんてことになったりしないかな??という不安がぬぐえません。

 

洗濯機は屋内設置

雨や嵐の日の洗濯が大変です。

屋外に置いたら、洗濯機が雨ざらし。
洗濯機の劣化が早いかも。

といった理由から出した条件ですが、
中々理解しづらい理由なのか、夫には共感してもらえませんでした。

(最終的に納得してもらえました)

 

 

 

5つくらいにまで条件を減らした上で、ウェブから探すと、
ヒットする部屋がいくつか見つかりました。

 

逆に見るのが大変なくらい・・・。

 

 

データ上だけでは、部屋のイメージが完全にはつかめないので、
ある程度物件を絞れたら、
今後は不動産屋に連絡して実際に部屋も見学させてもらいます。

私は条件を5つとしましたが、
そんなにないという場合には3つでもいいと思います。

重要なのは、自分が絶対譲れない条件を見つけ出すことです。
案外、探し始めると当初自分では思ってもみなかったことが重要だったりします。

まとめ

あとから「この条件で見ておけばよかった」とならないように、
最初に思いつくだけの条件は挙げて置く方が個人的にはおすすめです。

 

スポンサーリンク

-引っ越し
-,

おすすめ記事と広告

関連記事

引っ越し祝いのお返しを親戚にするときのタイミングとおすすめは?

引っ越し祝いのお返しを親戚にするときのタイミングとおすすめは?

引っ越しをされた方の中には、 ご親族から引っ越し祝いを頂いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 お祝いをいただくのは有難くも、 どのようなお礼をしたらいいのか悩んでしまいますよね。 そこで今回は引 …

新居はお互いが妥協できる条件のものを

物件の内見はどれくらいするか

※ 結婚後に新居を探したときの備忘録です ※ 最初 一つ前 愛の巣たる新居を決めるため、賃貸物件を探すときは、 これからずっと過ごしていく場所ですから、 やっぱり納得する部屋を見つけたいですよね。 & …

引っ越し前に必要な準備

段ボールはどこで手に入れる?

スポンサーリンク 引っ越し方法が決まったら、次は荷造りの準備です。   ついつい後回しにしてしまいますが、結構時間がかかります。 ありがちなのは、「当日やるから大丈夫」とギリギリまでやらない …

引っ越し前に必要な準備

ご近所挨拶をするならいつどこへ行くか

引っ越しの日程が近づいてきたら、今度は、   ご近所への挨拶   をどうするか問題が出てきました。   場合によっては、ご近所トラブルになる火種でもあります。 私のときは …

新居はお互いが妥協できる条件のものを

物件決めで大事なのはセブンセンシズ!?

※ 結婚後に新居を探したときの備忘録です ※ 最初 一つ前 以前の記事で物件の内見時にチェックすること、を書きましたが、 一番大事なことを書き忘れていました。 それは、 【その物件に歓迎されている】と …

スポンサーリンク

スポンサードリンク



検索

ご訪問ありがとうございます。
管理人の鳥海です。

このブログは日常の中で気になったこと
疑問に思ったこと等を記事にしています

お役に立ちましたら幸いです。